主な競争成績 キタサンブラックに続く”新相棒”ゲットも関係微妙……「一発回答」が迫られる理由, JRA賞年度代表馬キタサンブラック当然も、まさかの「大ブーイング」が!? シュヴァルグランは3枠6番 やっぱりg1に強いと噂の『一撃帝王』は本物だった。。。 桜花賞94万8900円獲得、皐月賞106万4360円獲得!『天皇賞』も楽しみ! ↓ ↓ ↓ ↓ 1枠1番 シャケトラ 1枠2番 ラブラドライト 2枠3番 キタサンブラック サトノクラウンについて 競馬の神に愛され続けるレジェンドの「天命の歴史」に驚愕, キタサンブラック「現役復帰」余裕の坂路調教!? 後方からの追い込みを武器として一線 …, オルフェーヴル(Orfevre)の種牡馬情報です。 グランとアーモンドでルーメルシンジケートの使い回しってパターンが一番萎える こちらの記事も 世界最長の脚を持つテキサスの女の子がヤバすぎたwww 2020.10.9 シンジケート(syndicate)の口コミ、評判は競馬予想winners(ウィナーズ)。500サイト以上の圧倒な競馬予想サイトの口コミや評判から優良な競馬予想サイトをランキング形式でお届けしています。競馬初心者から上級者まで楽しめる競馬情報が盛りだくさん! ジャパンカップ2020過去10年のデータ分析。レース傾向から有力馬の最新情報・穴馬も予想!他にはない様々な過去10年のデータ量から勝ち馬穴馬台頭馬を徹底分析。競馬にデータは必須です。馬券予想買い目の参考にどうぞ! 一撃金満馬道omumo太郎別館 現場の本音から導く一撃金満馬道10年目の馬券術 ぼちぼちでんな。 毎週の金脈馬に便乗 思惑競馬別荘です。 G1レーシング1頭出資中 オルフェーヴルについて 日経新春杯 りさの競馬予想 種類 予想 購入額 複勝 5/ダービーフィズ ¥7,000 複勝 1/レーヴミストラル ¥5,000 単勝 5/ダービーフィズ ¥2,000 単勝 1/レーヴミストラル ¥1,000 馬単 1-5-7全6通り 1,000円 ¥6,000 失敗したかも…購入後にはじめて後悔しています… 決意の先行策。 そのシュヴァルグランが掴んだg1が2017年のジャパンカップです。 手綱を握ったボウマン騎手に導かれ、この時すでにg1を6つ手にしたキタサンブラックやこの年のダービー馬であるレイデオロを抑えて優勝したのは記憶に新しいでしょう。 『シュヴァルグラン シンジケート』の関連ニュース. 「時は来た」再現期待の「◎」逆らう私は愚か者……, JRAチャンピオンズC(G1)今週の「美味しい1頭」。人生“初”100万円まで残り5戦。大逆転の切り札に指名したのは……, JRAチャンピオンズC(G1)クリソベリルを超える「激アツ◎」発見! 勝つのは“1番人気”か“ルメール”か、それとも……。「激アツ情報」で穴馬も急浮上. やばいです。 8の倍数 8(ヤ)バイです。 2016年一番スベっている事をいってもなんとも思わないくらいヤバいです。 シュヴァルグランが一番人気ですがだんだんきになってきました。 ダービーフィズ、見事な枠ですが周りの馬に挟まれて出遅れそうで怖いのです。 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とは Business Journalキタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!  …. ?」, JRAマイルチャンピオンシップ。超豪華メンバーの関東馬2頭と関西馬15頭、この頭数差で起こる事!? 20戦7勝 3月20日(日)、1回阪神8日目11Rで第64回阪神大賞典(G2)(芝3000m)が行なわれ、福永祐一騎手騎乗の1番人気・シュヴァルグラン(牡4、栗東・友道厩舎)が優勝。勝ちタイムは3:05.8(良)2着には2馬身半差で4番人気・タンタアレグリア(牡4、美浦・国枝厩舎)、3着には3馬身差で3 シュヴァルグランの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ハーツクライについて スワーヴリチャードの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ※登録種牡馬は全239頭(のべ種付け頭数 11,581), このページは短時間で種牡馬の情報について把握できるよう、簡略して書いています。おおまかな記載ルールを以下に。, 中央競馬の重賞競走で産駒の活躍が見込める種牡馬が中心です。登録全馬ではありませんが、主要な種牡馬は網羅していています。, 主にG1での実績を掲載。G1はグレード省略。地方重賞含むJpn格付けも便宜的にG1と記載。なお、国際レースである大井競馬の東京大賞典の格付けはJpn1ではなくG1。, 海外は、国・地域名の入らないレースに略称付加(米:アメリカ、加:カナダ、英・イギリス、仏:フランス、独:ドイツ、伊:イタリア、豪:オーストラリア、新:ニュージーランド、亜:アルゼンチン、智:チリ、ド:ドバイ、香:香港)。, (受胎条件、出生条件など)複数の価格がある際には、もっとも高額な価格のみを載せ、条件の記載も省きました。各馬のリンク先に初年度からの推移と種付け料の詳細を記載してあります。, 最新年の種付け権利がすでに売り切れた場合には満口表示。生産地での人気ぶりが伝わります。, 種付け頭数は、受胎数や産駒数(生まれた仔馬の数)ではありません。種牡馬の人気を図るバロメータとして見てください。, 競走成績に比して種付け料が高めに設定された感もあるが、繁殖ラインナップはノーザンファームの有力牝馬が揃い強力。, 欧州でデビューしG1を制すると、翌3歳でUAEダービーからケンタッキーダービー(競走中止)を目指した。その後も欧州、ドバイ、アメリカと各地を転戦。芝ダート双方で結果を残す。父, アーモンドアイ(牝馬三冠,ジャパンC2回,天皇賞秋2回,ドバイSC),サートゥルナーリア(皐月賞,ホープフルS),ステルヴィオ(マイルCS), マルターズディオサ(チューリップ賞,阪神JF2着),ディープボンド(京都新聞杯-G2),クリスタルブラック(京成杯-G3),アブレイズ(フラワーC),ビアンフェ(葵S-G,函館2歳S-G3), リスグラシュー(有馬記念,コックスプレート-豪),スワーヴリチャード(ジャパンC,大阪杯),サリオス(朝日杯,ダービー2着),Yoshida(ウッドワードS-米G1),シュヴァルグラン(ジャパンC),ジャスタウェイ(天皇賞秋,ドバイDF),ワンアンドオンリー(ダービー),ヌーヴォレコルト(オークス), アドマイヤマーズ(香港マイル,NHKマイルC),レシスステンシア(阪神ジュベナイルF),レーヌミノル(桜花賞),メジャーエンブレム(マイルC),コパノリチャード(高松宮記念),カレンブラックヒル(マイルC), モーリス(天皇賞秋,香港CなどG1を6勝),ゴールドアクター(有馬記念),ウインマリリン(フローラS-G2,オークス2着),ジェネラーレウーノ(セントライト記念-G2), Beholder(BCディスタフなど米G1を11勝),モーニン(フェブラリーS),アジアエクスプレス(朝日杯FS),ワイドファラオ(NZT-G2,かしわ記念-地), ディアドラ(ナッソーS-英,秋華賞),ブラストワンピース(有馬記念),ノームコア(ヴィクトリアM),ペルシアンナイト(マイルCS),モズカッチャン(エリザベス女王杯), キセキ(菊花賞),メールドグラース(コーフィールドC-豪G1),リオンリオン(青葉賞-G2),レッドジェニアル(京都新聞杯-G2),ダンビュライト(AJCC-G2),ワンダフルタウン(京都2歳S-G3), ラッキーライラック(大阪杯,エリザベス女王杯),エポカドーロ(皐月賞),オーソリティ(青葉賞-G2), キタサンブラック(年度代表馬),タガノエスプレッソ(デイリー杯2歳S-G2),ライジングリーズン(フェアリーS-G3),マイネルフロスト(毎日杯-G3), ヴェロックス(皐月賞2着),アドマイヤジャスタ(函館記念-G3,ホープフルS2着),ダノンザキッド(東スポ杯2歳S-G3), ウインマイティ―(オークス3着,忘れな草賞-L),ブラックホール(札幌2歳S-G3),サトノゴールド(札幌2歳S2着), ガロアクリーク(スプリングS-G2),ルフトシュトローム(ニュージーランドT-G2),シュウジ(阪神C-G2),モンドキャンノ(京王杯2歳S-G2,朝日杯FS2着),ベルーガ(ファンタージS-G3), ビービーバーレル(フェアリーS),デルマルーヴル(兵庫ジュニアグランプリ-地G2),ハセノパイロ(東京ダービー-地),タービランス(羽田盃-地), エアアルマス(東海S-G2),ベストウォーリア(プロキオンS-G3),Princess of Sylmar(ケンタッキーオークス-米G1), ジュエラー(桜花賞),スカーレットカラー(府中牝馬S-G2),ウィクトーリア(フローラS-G2), 2017年に社台SSからブリーダーズSSへ。ここまでの産駒成績は期待されたほどとはいえず、種付けを巡る条件も厳しくなってきた。, ダービー後に凱旋門賞挑戦プランもあったが、故障で引退。ダービー勝利が12番人気の低評価だったため、その能力には疑問符がついたまま終わってしまった。名牝, ファインニードル(スプリンターズS,高松宮記念),セイウンコウセイ(高松宮記念),ムーンクエイク(京王杯SC-G2),ハクサンムーン(セントウルS-G2), セイウンヴィーナス(クイーンC3着-G3),メルテッドハニー(マーガレットS2着-L), ビッグウィーク(菊花賞),コマノインパルス(京阪杯-G3),タガノアザガル(ファルコンS-G3),クリスマス(函館2歳S-G3), サンテミリオン(オークス),リアファル(神戸新聞杯-G2),サングレアル(フローラS-G2),ペルーサ(青葉賞-G2), ロードクエスト(スワンS-G2),リンゴアメ(函館2歳S-G3),マイネルハニー(チャレンジC-G3),クールホタルビ(ファンタジーS-G3),ウインマーレライ(ラジオNIKKEI賞-G3), ローズプリンスダム(レパードS-G3),コスモオオゾラ(弥生賞-G2),ドリームバレンチノ(JBCスプリント-地G1), ヴィクトワールピサ(有馬記念,ドバイワールドC),ロジユニヴァース(ダービー),アンライバルド(皐月賞),ネオリアリズム(Qエリザベス2世C-香), スクリーンヒーロー(ジャパンC),アーネストリー(宝塚記念),セイウンワンダー(朝日杯FS),マルカラスカル(中山大障害,中山グランドジャンプ),スマートオリオン(中京記念-G3), ヤマニンキングリー(札幌記念-G2),アスカノロマン(東海S-G2),メイショウスザンナ(クイーンS), トーセンジョーダン(天皇賞秋),アヴェンチュラ(秋華賞),オウケンブルースリ(菊花賞),トールポピー(オークス),ジャガーメイル(天皇賞春), キンショーユキヒメ (福島牝馬S-G3),ルミナスウォリアー(函館記念-G3),デンコウアンジュ(アルテミスS-G3), ヴェルトライゼンデ(ダービー3着,ホープフルS2着),ミライヘノツバサ(ダイヤモンドS-G3),エスティタート(シルクロードS2着-G3), ケイティブレイブ(JBCクラシック-地G1),ショウナンアポロン(マーチS-G3,アドマイヤコスモス(福島記念-G3), ウオッカ(ダービー,ジャパンCなどG1を7勝),ハギノハイブリッド(京都新聞杯-G2),ミッドサマーフェア(フローラS-G2),メドウラーク(七夕賞-G3),ブラックスピネル(東京新聞杯-G3), インティ(フェブラリーS),タガノトネール(武蔵野S-G3),サウンドリアーナ(ファンタジーS-G3), ハーツクライ(Heart's Cry)の種牡馬情報です。 「満票」を逃した「あの馬」に疑問多数, 武豊騎手が年始から「ニュースだらけ」……キタサンブラック引退式の「約束」、京都金杯連覇、そして「名師」との別れ……, 武豊ゴールドアクターと「新コンビ」でキタサンブラック”ロス”払拭!? レイデオロの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 種付け料の高額な順に種牡馬を紹介しています。トップ種牡馬のリンク先には、配合牝馬情報等をまとめています。, ディープインパクト亡きあと、ロードカナロアが覇権を握るかと思われたが、3世代目が絶不調で一歩後退。重賞馬を多数輩出したキズナ、牝馬三冠デアリングタクトの父エピファネイアが人気をあげてきた。産駒がデビューしたドゥラメンテ、モーリスも高い評価で続き、突出した種牡馬のいない環境になってきた。, 現在、最新(2021年)情報をアップデート中です。発表され次第追記していきます。(※印は未更新), ※ディープインパクトはサンデーサイレンス系に属する 金色の暴君、牝馬に阻まれた凱旋門賞 危険な人気馬・激走穴馬を解析…「マスコミに絶対言うなよ、●●な事になる! 「シンジケート」内の田端正照SPECIAL FEATUREで1番最後に名前の出て来る穴馬 ( ミッキースワロー 5着でした) 01アーモンドアイ 09シュヴァルグラン 03サトノダイヤモンド 11スワーヴリチャード 08キセキ 単 500 複 4.000 馬連 キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? ! ウイニングポスト9(2019)に登場する馬名が「サ」「ザ」「シ」「ジ」「ス」「ズ」「セ」「ゼ」「ソ」「ゾ」ではじまる史実馬のスピード、スタミナ、サブパラ、成長型、適正、系統、史実産駒の … 史上7頭目の三冠馬 …, サトノクラウン(Satono Crown)の種牡馬情報です。 ★【ジャパンC】禁断のオフレコとは!?早くからジャパンC参戦を視野に入れていたデアリングタクトに対し、アーモンドアイは香港遠征が本線と考えられていた。では、な… サリオス&グランアレグリアVS穴の関西馬, 武豊×ゴールドアクターは「今回限り」!? シュヴァルグランが有馬記念で大外枠も最後まで脚を伸ばし6着. 昨年の有馬記念(G1)で有終の美を飾り、2年連続の年度代表馬に選出されるなど、堂々の種牡馬入りを果たしたキタサンブラック。, ただ、競馬ファンを魅了し続けた「ターフの主役」が種牡馬としても”主役”となるには、現役時よりもさらに険しい道のりが待っていそうだ。, 昨年、引退した際は約13億5000万円という破格のシンジケートが組まれるなど、競馬界だけでなく世間からも大きな注目を浴びたキタサンブラック。通算G1・7勝、18億7684万3000円を獲得したJRA歴代賞金王の種牡馬入りだけに、生産界の期待も一際高いと思いきや、実は種付け依頼がまだ満口に至っていないという。, 僅かでも優秀な競走馬を生産すべく、新種牡馬には一段と高い期待と注目が集まる競走馬生産界。実際に一昨年引退した2015年の年度代表馬モーリスや、同年のクラシック2冠馬ドゥラメンテといったところは、引退して間もなく満口。人気種牡馬として、まずは順調なスタートを切っている。, しかし、種牡馬の種付け権やシンジケートを取り扱う株式会社『ジェイエス』の公式ホームページによると、昨秋早々に昨年一杯での引退を表明していたキタサンブラックの種付け権は未だに売れ残っているようだ。, 「その戦績を見ても近年最強クラスの馬であることは誰もが認めるところですが、武豊騎手とのコンビで競走馬として国民的人気を誇ったキタサンブラックも、種牡馬としては必ずしもそうではないのかもしれません。, というのも、キタサンブラックは血統的に見れば決して良血とはいえず、いわゆる”突然変異”的な馬。現役時も母の父にスプリンターのサクラバクシンオーがいるにも関わらず、菊花賞や天皇賞・春といった長距離戦を勝ったことが大きな話題となっていました」(競馬記者), キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? これが引退レースとなったシュヴァルグランが大外枠の不利もありつつ、しっかりと自身のパフォーマンスを引き出し6着善戦で … アルゼンチン共和国杯2020の出走予定馬と予想オッズ。過去レース傾向から注目馬と穴馬を徹底分析!出走馬の情報から、騎手厩舎調教師コメントや過去データからも馬券を分析。有力馬穴馬の最新情報も。買い目の参考にどうぞ。 略歴 ノーザンファーム生産 キタサンブラック「種牡馬生活」は売れ残りで大苦戦!? ゴールドドリームは和田竜二のほうが? 関係者『マル秘裏ネタ』で見えてくる打倒クリソベリルの野望!! フェブラリーSでの「G1勝利新記録」の声まで噴出. 2020年11月8日(日)東京競馬場で行われるアルゼンチン共和国杯2020の競馬予想です。近年は休養明けからg1直行の流れが増え、益々g1への直結性が薄れてくるキライがありますが、2016年にはシュヴァルグランがjc3着、2015年にはゴールドアクターが有馬記念1着と実績もあります。 JRAチャンピオンズC(G1)武豊×インティは逃げない? カフェファラオの状態は前走よりも……!? 2015年に鳴り物入りでデビューし、評判通りの実力を見せて3歳のクラシックを戦い抜いたサトノダイヤモンド。菊花賞を優勝した後には3歳で有馬記念を制する偉業も達成しています 古馬になってから少し成績に陰りが見え始めましたが、まだまだ活躍を期待したい競走馬です。 シュヴァルグランはハーツだし妥当か 41 名無しさん@恐縮です 2018/04/26(木) 16:11:54.20 ID:KsaLextq0 オジョーサンも出走しろよ 無事是名馬、シュヴァルグラン。 3歳暮れから息の長い活躍で中長距離戦線を牽引して来たハーツクライ産駒である。 が、いまいち勝ち切れない競馬が続きGⅡまでは勝利するもののGⅠではあと一歩の競馬が … 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とはのページです。GJは、競馬、JRA, 種牡馬, キタサンブラックの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!, 【阪神JF(G1)展望】武豊メイケイエールVS吉田隼人ソダシ! ジェンティルドンナの3番仔は「抽選突破」で出走叶うか, JRAチャンピオンズC(G1)穴予想! ルメール様「騎乗馬選択」にヒントあり!? 競馬は上手いけど走力はシュヴァルグランと変わらないと思う 種牡馬は走力の優れた馬が成功する傾向が強いしなかなか厳しいんじゃないかな 152 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/12/25(月) 05:34:35.74 ID:sbtW0zuF0 シュヴァルグランの掲示板です。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬、騎手・調教師・馬主・生産者の全データがご覧いただけます。 昨年、引退した際は約13億5000万円という破格のシンジケートが組まれるなど、競馬界だけでなく世間からも大きな注目を浴びたキタサンブラック。 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/11/12(木) 23:08:53.07 id:pvh+++ae0 ネット競馬掲示板大荒れ 【 シュヴァルグランが優勝!キタサン3着で連覇ならず! 】 2017年、国内外のG1馬9頭が集結した最強馬決定戦 「第37回ジャパンカップ」は、5番人気シュヴァルグランが悲願のG1初制覇! 元プロ野球選手の佐々木主浩氏がオーナーのシュヴァルグランは 7度目の挑戦で悲願のG1初勝利。 実は、いくつもあるJRA歴代賞金王が「嫌われる」理由とは, 昨年も1点的中! 競馬界最大権力の馬主とその関係者集団が認める、秘蔵のチャンピオンズカップ勝負馬で今年も『馬連1点勝負!』, JRAジャパンカップ、3強では決着しない!? シュヴァルグラン: 129頭 – アニマルキングダム: 117頭 – エスポワールシチー: 107頭 – ロジャーバローズ: 97頭 – 100万: ビッグアーサー: 135頭 – バゴ: 118頭 – サトノアラジン: 95頭 – タピザー: new!
2020 シュヴァル グラン シンジケート