2020年、実質ラストクロップのディープインパクト産駒ヒルダズパッション19に出資をすることができました。ただ、そこに至るまでにはたくさんの出会いと別れが…その第4章です。 ディープインパクトの父サンデーサイレンスの産駒は、出走歴のあるjra芝gi20レースのうち、nhkマイルc以外の19レースで勝利を果たしている。 12年から18年まで7年連続でリーディングサイヤーとなったディープインパクト(牡17)が、今年の種付けを取りやめたことが、分かった。同馬は例年通り、2月のシーズン開始から交配を行っていたが、3月に入ってから首に痛みが出たため、種付けを中止し 競走馬として日本競馬界に強い衝撃を与えた「ディープインパクト」ですが、現在では種牡馬としても多大なる影響を与えています。2006年12月24日に現役を引退していますが、2007年から早速215頭の種付けをしています。, 2019年までで「1551頭」のディープインパクト産駒が誕生していますが、競走馬として活躍する馬も大変多く、2012年から6年連続でリーディングサイアーを獲得しています。2019年は首の痛みから種付けした数が20前後なのでリーディングサイアーの連続獲得は途切れそうですが、間違いなく種牡馬としても名を残しています。, 今回はそのディープインパクト産駒の特徴や誕生した産駒の中でも特に活躍した馬を5頭選びご紹介します。また同じくクラシック3冠を達成しているオルフェーブル産駒との比較もご紹介します。, ディープインパクトの父は種付け馬として有名な「サンデーサイレンス」です。また母は他にも優秀な競走馬を残した「ウインドインハーヘア」となっています。, そのディープインパクト産駒の特徴はあるのでしょうか?現役時代に14戦12勝でG1を7勝と凄い成績を収めましたが、子孫にどのような影響が出ているのかまとめました。, まずは芝とダートだとどっちが適性なのか。これは間違いなく「芝」適性になります。ご存知だと思いますがディープインパクトは芝適性の馬で、ダートを走った経験はありません。産駒もダートは苦手としており、走っていないわけではないのですが、勝率は低めとなっています。, また距離の適正ですがディープインパクトは現役時代2000m以上のレースにしか出場していませんが、産駒は1400m~2400mまでの距離は条件を問わずに活躍しています。雨が苦手とか得意とかもなく、活躍しています。しかし極端に短いスプリントレースや、極端に長い長距離レースは苦手としています。, となっています。1200mでの連対率も高めですが、やはりディープインパクト同様に2400mでさらに京都競馬場が得意となってます。では今後は逆に苦手なコースを見てみましょう。, となりました。京都競馬場以外が多いですが短い1200mでは連対率も低くなっています。「若駒S」「菊花賞」「天皇賞春」「宝塚記念」と京都競馬場で4勝を挙げているディープインパクトの特徴を受け継いでいるようにも思います。また春から秋までの勝率が高く比較的温かい時の方が調子が出やすい特徴もあります。, ディープインパクトが種牡馬となりすでに12年が経過しました。そうなるとすでにディープインパクトの後継種牡馬も誕生しています。中でもディープインパクト産駒のキズナの産駒が第1号となる勝ち星を取りました。ディープインパクト産駒の活躍が目立ちましたが、今度はその馬たちの産駒が活躍する時代に突入してきました。, 恐らくこれからどんどんディープインパクトの後継種牡馬が誕生していくと思います。日本競馬にとても大きな影響を与えたサンデーサイレンス。そのサンデーサイレンス産駒のディープインパクト。そしてディープインパクト産駒のキズナやリアルインパクトと、時代は着実につながっていっていますね。, またディープインパクト後継種牡馬産駒にはある特徴があると言われています。それは「マイル」適性があるということです。マイルは大体ですが1400~1800mのことを言います。ディープインパクトは走らなかった距離ですが、ディープのスピードを受け継いでいるようです。, ディープインパクトは無敗でクラシック3冠を達成していますが、オルフェーブルも無敗ではないものの三冠を達成しています。, またオルフェーブルの父は「ステイゴールド」ですがその父はディープインパクトと同じく「サンデーサイレンス」となっています。オルフェーブルとディープインパクトは同じ時代には走っていませんが、オルフェーブル産駒とディープインパクト後継種牡馬産駒の対決があれば種牡馬対決としても注目を集めそうですね。, オルフェーブル産駒の馬は「ラッキーライラック」や「エポカドーロ」などがいて、早くも種牡馬としての価値が上がっています。かなりの良血統のオルフェーブルなので産駒にも期待が持てますね!ディープインパクトの後継種牡馬産駒との戦いでまた日本競馬を盛り上げて欲しいと思います。, ではここからはディープインパクト産駒の中でも印象に残っている名馬を5頭紹介していきます。まだ父ディープインパクトを超えるような馬は誕生していませんが、もしかしたら孫たちが超えてくれるかもしれませんね。, 1頭目のディープインパクトの意思を継ぐ馬は「ジェンティルドンナ」です。牝馬ですが、ディープインパクト産駒の中で一番賞金を稼いだ馬になります。19戦で10勝しており、牝馬三冠も達成している名馬です。ジャパンCで2度の勝利や有馬記念などを含むG1を7勝しており、G1勝利数は父ディープインパクトと同じになっています。またドバイシーマも勝利しており日本を飛び出し活躍をしています。 Wind in Her Hair 1991 ディープインパクトの父は種付け馬として有名な「サンデーサイレンス」です。また母は他にも優秀な競走馬を残した「ウインドインハーヘア」となっています。 そのディープインパクト産駒の特徴はあるのでしょうか?現役時代に14戦12勝でG1を7勝と凄い成績を収めましたが、子孫にどのような影響が出ているのかまとめました。 まずは芝とダートだとどっちが適性なのか。これは間違いなく「芝」適性になります。ご存知だと思いますがディープインパクトは芝適性の馬で、ダートを走った経験はあり … [競馬悲報] ディープインパクト産駒にファンから愛される個性派がいない件 2020年2月15日 [競馬] 2005のディープって何で有馬記念負けたの? ディープインパクト産駒への出資は実に9年ぶり、3頭目です。 ディープインパクトが2006年いっぱいで競走生活を終え、翌年から種牡馬になりました。 近代日本競馬の結晶。 シンボリルドルフ以来となる史上2頭目の、無敗でのクラシック三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)を達成。国内唯一の敗戦はハーツクライの2着となった3歳時の有馬記念。国内でのレースはすべて単勝オッズ1.3倍以下と圧倒的な支持を受けた。 国内に敵なしと挑んだ凱旋門賞は、本来の走りをみせることができずレイルリンク、プライドの両牝馬に差され3着入線。レース後には禁止薬物の投与が発覚し、失格処分となる。 マンガやアニメ、スポーツのニュースから気になるネタを取り上げていきます。芸能ネタ、ゲームなども幅広くお送りします。, 2017/8/25 2020年に開催された重賞レースは先週までで16rとなった。1月が終わり、2月も終盤に差し掛かったタイミングでいまだディープインパクト産駒の重賞勝ちが芝1600しかないという異常事態が発生している。 この件については以前のエントリでも触れ *nhkクローズアップ現代+(2019年10月8日放送「ディープインパクト 名声いつまでも~世界に羽ばたく産駒たち~」) ディープインパクト 北海道 結論. 10月8日、nhkクローズアップ現代+がディープインパクトの伝説を伝えた。 引退式 武豊 すべてのレースに騎乗 武豊騎手 「ディープインパクトは日本で生まれて、日本で走って、日本で種牡馬になって。日本競馬を変えたんじゃないか。 JRA年度代表馬(2012・2014年)、JRA最優秀3歳牝馬(2012年)、JRA最優秀4歳以上牝馬(2013・2014年)と輝かしい受賞歴もあり、その時代のトップを常に牽引していました。, 現在では繁殖牝馬として活躍をしていますが、デビューした馬はまだ「モアナアネラ」の1頭のみとなっています。ようやく2019年5月12日の3歳未勝利で勝利を収め現在も現役の競争馬として走っています。まだまだこれからに期待が持てる馬となっています。, 2頭目のディープインパクトの意思を継ぐ馬は「サトノダイヤモンド」です。ディープインパクト産駒の中ではジェンティルドンナに次2番目に賞金を稼いでいる馬になります。クラシック3冠こそ逃していますが、皐月賞では3着、ダービーでは2着、菊花賞では1着と確実に爪痕は残しました。さらに有馬記念でも勝利を収めており18戦で8勝の成績となっています。2018年の有馬記念を最後に現役を引退しました。父と同じく凱旋門賞に挑戦してます。2番人気でしたが結果は15着と惨敗でした。受賞歴hJRA最優秀3歳牡馬(2016年)となっています。, 引退後は種牡馬として登録されていますが、まだ種牡馬になったばかりなので子孫は生まれていません。しかし、今後のサトノダイヤモンド産駒が日本競馬で活躍してくれると信じています。現役時代では色々な意見がありましたが、子供たちが活躍することでその強さを証明してくれるでしょう。, 3頭目のディープインパクトの意思を継ぐ馬は「ミッキーアイル」です。ディープインパクト産駒の中では4番目に多く賞金を稼いでいます。20戦で8勝をしています。マイルを得意としており「NHKマイルカップ」や「マイルチャンピオンシップ」で勝利しその実力の高さを証明しています。またスプリンターズSや高松宮記念でも2着になるなどスプリンターとしての才能も見せつけました。, 2016年の12/24の阪神Dで現役を引退しています。2017年に種牡馬となっており、2018年にはミッキーアイル産駒の馬が沢山生まれています。どれくらいが競走馬としてデビューできるか分からないですが、ミッキーアイルのようにマイルやスプリントを中心に活躍してくれると信じています。, 4頭目のディープインパクトの意思を継ぐ馬は「キズナ」になります。国内外合わせて14戦しており7勝をしています。デビューから調子よく勝ち星を積み上げていき、ダービーでも勝利を収めます。しかし、菊花賞には出場せずに海外に活躍の舞台を移します。フランスのニエル賞(G2)に出場し1着。その勢いで日本馬初の凱旋門賞1着を目指します。3番人気で出場しますが結果は4着でした。世界の壁の大きさを改めて実感をすることになります。, JRA最優秀3歳牡馬(2013年)を受賞。2015年の天皇賞発を最後に現役を引退します。その後は種牡馬となり、今年2019年に多くの産駒がデビュー。すでにキズナ産駒が4勝を収めています。まだまだこれからも活躍が期待されています。, 最後のディープインパクトの意思を継ぐ馬は「ダノンプレミアム」です。ご紹介しているディープインパクトの意思を継ぐ馬の中で唯一の現役馬となっています。8戦で6勝をしており、父ディープインパクトのような活躍が期待されていました。しかし直近のレースの安田記念では2番人気となるもののまさかの16着と大敗をしています。多くの競馬ファンが驚いた結果ですが、まだまだこれから。復活してディープインパクトのような強い競馬を見せてくれると思っています。, 今回はディープインパクトの産駒について記事でご紹介しました。気になるのはやはりディープインパクトを超えるような馬が出ていないことですね。また2019年の種付けは20頭前後と少なくなっており、いつまで種牡馬として活躍できるか不安な所もあります。もしディープインパクトを超える産駒が出てこなかったとしても、後継種牡馬産駒がいつかディープインパクトが残した強い衝撃と、とんでもない記録を超えてくると信じています♪. ワラウカドとしての 最後のディープインパクト産駒は、(今年募集馬としてリストアップされれば) 『ポウリナズラヴの2019』 、もしくは 『リズムオブライトの2018(ヴィアルークス)』 であると考える。 ↓『ポウリナズラヴの2019』の情報は下記リンクをチェック↓ このうち1回は失格なので、それを除くと彼の前を走った馬はただ1頭(ハーツクライ 2005年有馬記念)のみという、驚異的な強さを誇っています。 競馬, GⅠがある週や気になる重賞競走がある時はヘッポコ予想をお恥ずかしながら公開しているこのブログですが、今回はいつも偉そうに語っている血統に関する記事で、テーマはあの「ディープインパクト」です。, 今回からまたブログの新たなシリーズとして種牡馬ごとの自分なりの評価を書いていく”僕の血統論”というシリーズを始めようというわけなんですが、実はここ10年以上は競馬をながら見していた状態で僕は少し”浦島太郎”状態になっています。, 以前別の記事には書きましたが、僕は90年代初頭から2000年前後にかけては、あの大ヒットゲーム「ダービースタリオン」や「ウイニングポスト」の影響もあり、田端至さんなどが書いた3000円ぐらいする種牡馬辞典を毎年買って穴があくまで読んでいました(一応競馬を始めたほうが早かったですね)。, ま、いわゆるただの血統マニアなわけですが、そんな僕の脳内種牡馬データも前述したように去年までは種牡馬を気にせずに結果だけ見ていただけなので、かなり古くなっていたりします。, だからこのブログの予想も、当該種牡馬というよりも、実は一世代前の父の父だったり二世代前などのイメージとその馬の現役時代のイメージから結び付けて評価をしていることが多くなっています。, そんなこともり、今回のシリーズはかつての血統マニアの僕があらためて各種牡馬の産駒などを見直しながら、自分なりにアップデートしていくための狙いもあります。, そして一回目は当然のごとく現在というか日本歴史市場でもトップクラスの大種牡馬ディープインパクトなわけです。(画像引用:社台サラブレッドクラブ「ディープインパクト」より), *ウインドインハーヘア ディープインパクトは2002年の産駒なのでサンデーサイレンス産駒の中でも晩年に生まれた産駒といえます。 母親はアイルランド生まれのウインドインハーヘアです。 ディープインパクトを輩出したことで一躍有名になった名牝ですね。 (Wikipedia 「ディープインパクト」より) 父サンデーサイレンスも言わずと知れた名種牡馬ですが、日本競馬に更なる高いスピード能力を伝えるとともに勝負強い産駒を多数送り出しました。 サンデーサイレンス産駒の特徴は母系に影響される場合が多く、ディープインパクトのように圧倒的な末脚を武器にしていた馬は意外と少なく、どちらかというと好位につけて相手を競り落とすのが得意な馬が多かったような気がします… 2020年、実質ラストクロップのディープインパクト産駒ヒルダズパッション19に出資をすることができました。ただ、そこに至るまでにはたくさんの出会いと別れが…その第6章です。 2017/8/26 鹿毛 アイルランド, 父サンデーサイレンスも言わずと知れた名種牡馬ですが、日本競馬に更なる高いスピード能力を伝えるとともに勝負強い産駒を多数送り出しました。, サンデーサイレンス産駒の特徴は母系に影響される場合が多く、ディープインパクトのように圧倒的な末脚を武器にしていた馬は意外と少なく、どちらかというと好位につけて相手を競り落とすのが得意な馬が多かったような気がします(と言っても多種多様ですが・・・)。, ディープインパクトのように産駒がどれも似ているのと比べると、色々なタイプの産駒を送り出していたノーザンテーストに近いイメージですね。, 母系はリファール系のAlzaoにBustedが絡んでいるのでヨーロッパ色が強く、底力のあるスタミナ血統という感じがしますが、一昔前だと僕は少しジリっぽいな感じたでしょうね。, 母系の重さにサンデーサイレンスがうまくはまって、スピードの底上げを行えたのではないでしょうか。, 母の父:Bertlini(Danzig系) 母の母の父:リファーズスペシャル(Lyphard系), 主な戦績:ドバイシーマクラシック、有馬記念、ジャパンカップ二回、牝馬三冠などGⅠ7勝(国内6勝), いきなり僕が上にあげた産駒のイメージからまったく外れる馬が出てきました(笑)が、勝つときは大体33秒台後半から34秒台前半の脚を繰り出しているように、やはり鋭い末脚を武器にしており、スローな展開を好位につけて抜け出すのが得意ですね。, 逆に敗れたシーンは比較的ペースが速めで消耗戦になった時に末脚が不発で敗れています。, ここまで勝てたのはスタートの良さにあると思いますが、牝馬ながら年度代表馬になったほどの名馬で、ジャパンカップを2勝している所は凄いと思います。, ジェンティルドンナの次に代表的なディープインパクト産駒は・・・となって悩みました。やはりジェンティル以外GⅠを勝ちまくっている馬があまりいません。, キズナやマカヒキというダービー馬にしようかと思いましたが、有馬記念も勝っておりスケール感でこちらを選びました。, かつてはDanzigと言えばスピードの権化というほど世界的に大活躍していましたが、意外と直系が伸びていません(母系ではライバル種牡馬であったNureyevの血のほうが伸びている気がする)。, ジェンティルドンナとともに母系にDanzig系なのは興味深いところですが、マカヒキとともにぼくはこの馬が今後どういった戦績を残すか注目しています。, この馬たちの結果でディープインパクト産駒の傾向が固まる気がしますが、今のところの傾向だとあと一回GⅠ勝てるかどうか感じがするんですよね。, この馬が菊花賞、有馬記念を勝っていながら天皇賞・春が3着だったことで、やはりディープは長距離では弱点とは言わないまでも信頼しずらいと感じました。, 母の父:エルコンドルパサー(Mr Prospector系) 母の母の父:Riverman, 特徴的なのはいずれもやや重のレースを勝っているということで、切れ味がディープ産駒にしてはないことや負けている時は馬券に絡んでいないなど、若干スピードが足らずに勝負強いのは父系よりも母系のRivermanやRibotぽいですね。, また目立つのは非常に取りこぼしが多いところでGⅡやGⅢを印象ほど勝ちまくっていませんね。クラシックホースがほぼいないのは特徴的とも言えます。, クラシックレースで勝ち負けできない馬はGⅠではマイルまでと見ていいのかもしれませんね。, 注目は桜花賞での強さでしょうか。ファーストクロップのマルセリーナから4年続けて勝利しているなど桜花賞に抜群の相性を見せているのは間違いありません。, また牝馬を見ていくと面白いのは桜花賞を勝った馬たちはオークスでも好走しているものの、どちらかと言えばその後の成績は尻すぼみに終わっているのに対して、オークスを勝った馬たちはその後も安定した走りを見せている点です。, このようなことから2400mを勝ち抜けるような牝馬はかなりの力を持っているとみていいのかもしれません。, ただ基本的に距離が伸びて若干決め手が甘くなる傾向があるので、母系の構成は注意しておいたおく必要があると思われます。, 次に牡馬についてはですが、日本ダービーに相性がいいのに対して皐月賞は勝ち切れていません。, 皐月賞はどうしてもゴチャゴチャしたレース展開になるので、レースに行っての器用さの欠ける長くいい脚を使うタイプのディープインパクト産駒は少し割引が必要なのでしょう。, 以上とりあえずですが、今後産駒のGⅠホースをピックアップしながらこの記事もアップデートします(今さらこの記事を仕上げるのにめっちゃ時間がかかりそうなことに気づきましたw)。, 上級馬は圧倒的な決め手を持っている場合が多いが、反面後方待機の馬が多く展開やコースに影響される場合が多い。, 直線でしっかり伸びてくることはほぼ間違いないが、あくまで実力通りに走るため、勝負づけの終わった馬にリベンジを果たすタイプではない。(力どおりに走り、人気薄の激走がない), 距離は不問であるが、GⅠクラスになると1200mや3000m以上の極端な距離は前述のように末脚が通用しなくなり(繰り出せなくなり)勝ちきれない。, GⅠをいくつも勝つような大物がいない。あくまで末脚がうまくハマって勝つイメージ。(ブログ友達の, サンデーサイレンスは母系を活かすイメージだったが、ディープインパクトは母系不問で自分の特色を強く出している. ディープインパクトの産駒数は?早熟馬が多い?成長力は? ディープインパクトの産駒数は初年度2007年は生産頭数152頭、その後161頭→118頭→140頭→151頭→159頭→181頭→176頭→157頭→162頭と推移しています。 ディープインパクト 成績. ディープインパクトの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 ディープインパクト 名声いつまでも ~世界に羽ばたく産駒たち~ 今年7月にこの世を去った〝最強馬〟ディープインパクト。その存在は今なお国内外において巨大だ。 国内g1レース8度を含む14度のレースで、12度の1位を獲得しています。 .
2020 ディープインパクト 産駒 いつまで