国内g1レース8度を含む14度のレースで、12度の1位を獲得しています。 . 2019年セレクトセールが終わり、2022年のクラシック有力候補が遂に出揃った。再来年デビュー予定の中から特に注目すべき有力馬や高額取り引きされた産駒などを中心にピックアップ。2021-2022のPOGにご参考あれ。, セレクトセールにおける2019年産駒の注目馬を高額順(落札額1億円以上)にランクイン。, デビュー済みのストロングタイタン、ミラアイトーン2頭が揃って6勝をあげるという異例のアベレージを見せる母タイタンクイーン。今年2歳のギルデッドミラー(オルフェーヴル産駒)も動きは上々の様子である。その事からも母系の繁殖力は一級品で、そこにディープインパクトが配合された本馬は確かに億超えの価値が出ても不思議ではない。それにしても、4億7000万円というのは破格ではあるが近藤利一氏には他愛もない額なのだろうか。, 全姉兄にデニムアンドルビー、キタノコマンドールがいるベネンシアドール2019。近親にトゥザヴィクトリーなど活躍馬を多数輩出するフェアリードール一族の直系で、キングカメハメハの肌にディープインパクトは近代の日本競馬における最上級の配合である。実際にこの配合の時だけ結果が出ているのだから疑いの余地は無し。落札者は“ダノン”でお馴染みのダノックス。, アドマイヤグルーヴの直系ラインであるアドマイヤテンバ2018。母系の底力とクロフネ肌からも良い仔出しが期待出来る筈だが、初年度産駒のアドマイヤローザが少し活躍した程度。成長力にも疑問符が残る中で、ロードカナロア産駒の本馬が2億7000万円という超破格の取引額。落札したのは“ホウオウ”の小笹芳央氏だが、このオーナーは億超えを多数購入している割にはどれも全く走っていない。, 社台グループが購入し日本へ輸入したドレフォンが父。ドバイゴールデンシャヒーンを連覇したマインドユアビスケッツを子供扱いするレベルのスピードが魅力で、主にダート短距離が主戦場となるだろう。アドマイヤセプターの勝ち気な気性と上手く噛み合えば、母の軽さも相まって芝でも対応できるレベルの産駒が期待出来そう。落札者は東洋木材。, 2018年2歳牝馬チャンピオンのダノンファンタジーを半姉に持つライフフォーセール2019。当歳部門のラストを飾るセリで2億超えを叩き出した締りの良い産駒とも言える。ハービンジャーでこの価格帯はある意味奇跡。母の産駒実績があるとは言え、馬自身のデキが抜けて見えないとここまで吊り上がる事もそう無いだろう。落札者は大塚亮一氏。, さすがはフェアリードール→トゥザヴィクトリーの末裔だけあり、アゲヒバリは地方で何勝かしたのみだが、その産駒にはメドウラークとリオンリオンという芝の重賞馬を既に輩出。1つ上のロードカナロア産駒は金子真人氏が1億超えで落札、そして2019年の当歳は小笹芳央氏が何と2億円オーバーという破格の値を叩き出している。リオンリオンが青葉賞を勝ったタイミングも良かったのだろう。, ハルーワソングの母系を引き継ぐラスティングソング2018。初年度産駒のエレガントソングを除けば、クイーンズベスト、インヴィクタ、エアジーンといずれも2勝以上をあげる活躍でさすがは繁栄ファミリーの出自である。ワークフォースで4勝馬を出しているのだから、キングカメハメハに父が変わってどれだけ能力の上位互換が図れているか非常に楽しみである。落札は“シャドウ”の飯塚氏率いるスリーエイチレーシング。, 母タミーザトルピードはアメリカの芝重賞勝ち馬。More Than Readyも母父産駒が日本で実績をあげているだけに、血統的な心配は何も要らないだろう。名門千代田牧場がセレクトして日本へ持ち込んだ母だけに、ある程度活躍の見込みは立つ筈。それでも、まだ未知数がある産駒に1億8000万円と投入できるダノックスに感服である。, 母ソーメニーウェイズはデビューから3連勝で米GⅠのスピナウェイステークスを勝利した活躍馬。初年度産駒のサトノエターナルがまだ勝ち上がりを決めていないものの、素質の高さを感じさせる走りは見せている。2つ上のダノングロワールは2億超え、1つ上の2018年産駒も1億超えと高値が付きやすい見映えなのだろう。例に漏れず、2019年産駒もY's consignment salesが1億7000万円で落札している。, 初日のラストバッターがマラコスタムブラダ2018で2億超え、2日目のファーストバッターがマラコスタムブラダ2019で1億6000万円という何とも強烈なインパクトを残したこの牝系の産駒。いずれもハーツクライの牡馬という事で、普通に考えればいずれかはクラシック戦線に乗って来ないと額との割が合わない。こちらを落札したのは“バローズ”でお馴染みの猪熊広次氏。日本ダービーの賞金をここに充てて来たか。, キタサンブラックの初年度産駒が早くも登場。ジェンティルドンナを産んだあのドナブリーニとの配合だけに、競馬ファンは胸躍る1頭なのだろう。とは言え、母ドナブリーニも高齢化しており、近年の産駒は成績も鳴かず飛ばず。そこにブラックタイドの突然変異とも言えるキタサンブラックの繁殖力を確かめもせず1億6000万円というのは極めて高い。落札したのはHIROKIカンパニーという謎の新規馬主である。, 母コーステッドはアメリカの重賞戦線で活躍した牝馬。Tizwayの肌にハーツクライという未知数の大きい産駒ではあるが、馬自体のデキは良さそう。但し、総合的に見ればやはり不安材料の方が多く、これに億超えを叩ける経済力というのはもはや異常である。幾らダノックスとは言え、これを落札しようとする時に止められない周囲の関係者を疑ってしまう。, 母キャリコはプリモシーンの全姉にあたるモシーンの初年度産駒。現役時代は未勝利に終わっているが、その分若い内に繁殖に入れたというのは非常にメリットが大きいポイント。血統構成は一流だけに後は種牡馬次第というところだろうが、やはりロードカナロアを持って来る辺りにノーザンファームの期待渡が表れているのではないだろうか。それにしても1億5000万円を叩けるのだから野田みづき氏も大したものである。, 母ウィラビーオーサムはサンタアニタオークス勝ち馬、日本に輸入されてディープインパクトを配合されるも期待された全兄オーサムミッションは中央で未勝利のまま地方へ転厩。2つ上の兄シンプルゲーム(父ハーツクライ)は先日の新馬戦で2着に来たもののそこまで大物感はなかった。その流れでよくこの産駒を1億超えで落札出来たものだ、と思っていたら購入者は里見氏。ある意味で納得である。, 母ウォッチハーは今トレンドでもあるアルゼンチンの活躍馬で1000mのGⅠ勝利経験もあるスピード色の濃い牝系。自身の牝系には日本でも活躍馬を輩出しているワナダンスがおり、やはり高速馬場にはしっかりと対応して来る計算が出来るだろう。そこにドゥラメンテを掛け合わせ、非常に品のある良いデキの当歳がお目見えしている。これは確かに見惚れて億超えの落札額が出ても不思議ではない。購入したのは小笹芳央氏。, 全兄に2歳牡馬チャンピオンのダノンプラチナがいるバディーラ2019。Unbridled's Song、即ちUnbridled系の肌にディープインパクトの配合は既に幾つもの成功例があり好相性を証明済みだ。全姉リボンフラワーが走っていない事を考えると、本馬が牡馬に出ているというのはより期待値は高まるだろう。購入者はストレイトガールやレッツゴードンキでお馴染みの廣崎利洋氏。, 祖母は歴代でも史上最強の呼び声が高いダイワスカーレット、遡れば繁栄ファミリーでるスカーレットインク一族の出自である。ハービンジャー肌にロードカナロアという一見イメージの湧きにくい配合だが、ロードカナロアの2年目産駒に母父ハーツクライから重賞馬2頭が出ている事実を考えると、ある意味スタミナ色の強い母系を掛け合わせるのは有りなのかもしれない。ダイワスカーレットのDNAが覚醒遺伝していれば良いのだが。購入者は二木英徳氏。, 母セレスタはアルゼンチンのGⅠホースで、既にハーツクライ産駒の上2頭も高評価を受けている牝系。新種牡馬ドゥラメンテ産駒の牝馬で1億円というのは、ディープインパクト産駒の牡馬なら倍程の価値があると言っても過言ではない。母系はミスプロ系にボールドルーラー系を掛け合わせたゴリゴリのスピードタイプ。ドゥラメンテも気性の勝ったタイプであり、牝馬を鑑みても恐らくマイル以下に適正がある短距離馬になるのではないだろうか。落札者は東洋木材。, ファイネストシティは米GⅠ馬で牝馬の短距離チャンピオン。スピード型の肌にフランケルを付けてよりその特色を強化しようという狙いの配合である。当歳ながら既に胴の詰まった骨格の良い馬体、まさにマイル以下で活躍しそうな2歳早々から即戦力となり得る産駒となっている。ダートでも潰しが効きそうで、ある程度は賞金も回収出来そうなイメージが容易に付く。落札はダノックス。, 以上19頭が、2019年セレクトセールで高額取り引きされた2019年産駒の注目馬。. 2019年7月,突然の死を迎えたディープインパクト!日本近代競馬の結晶とまで言われた伝説的な名馬の悲報に日本中の競馬関係者,ファンが涙する!しかしそれでも競馬は続く!悲しんでいる暇はない!これから熾烈なディープインパクトの後継種牡馬争いが始まる! ディープインパクトが首痛のため2019年の種付けを中止クラシック第一弾である桜花賞を週末に控え、例年通り競馬界も盛り上を見せてきましたが、競馬界にとっては気になるレースが飛び込んできました。日本の競馬界の王様とも言える、ディープインパクトが ダービーは、コントレイルの無敗での2冠達成で幕を閉じました。いよいよ、pogも新シーズンがスタートします。昨シーズンは、ディープ急逝のショックが尾を引き、更新が大幅に滞ってしまい、申し訳ありませんでした。ディープ産駒も、残り3世代(実質的には2世代)となりま 2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中央競馬クラシック三冠(無敗での達成は1984年のシンボリルドルフに次いで2頭目)を達成、2006年(平成18年)には日本調 … ディープインパクト産駒は、 早熟 の傾向にあるのがわかります。 特に 2歳 での成績は素晴らしいです。. ディープ産駒とはディープインパクト(英: Deep Impact、2002年(平成14年)3月25日 - 2019年(令和元年)7月30日)は、日本のサラブレッドである。2005年(平成17年)に日本競馬史上6頭目の中 … 2019年東サラのディープインパクト産駒のラインナップはこんな感じ。 シーサイドホーム18 (母父Storm Cat)8000万; プラヤデシエルタ18 (母父Orpen)7000万; プレミアステップス18 (母父Footstepsinthesand)6000万; リュズキナ18 (母父Storm Cat)7000万; レッドファンタジア18 (母父Unbridled’s Song)8000万 2019年セレクトセールが終わり、2022年のクラシック有力候補が遂に出揃った。再来年デビュー予定の中から特に注目すべき有力馬や高額取り引きされた産駒などを中心にピックアップ。2021-2022のpogに … ディープインパクト産駒のg1レース成績です。国内・海外g1レースでディープインパクト産駒が獲得したg1タイトルを一覧にまとめています。東京競馬場の芝g1全7レース完全制覇、芝のマイルg1完全制覇、桜花賞4連覇など、ディープ産駒の特徴も。 目次. 近年は外国でもディープインパクト産駒の活躍が見られ、欧州のg1戦線でも産駒の名前を聞くようになりました。 世界的にも需要が高く、場所を問わず活躍馬が生 … このうち1回は失格なので、それを除くと彼の前を走った馬はただ1頭(ハーツクライ 2005年有馬記念)のみという、驚異的な強さを誇っています。 2017年度 231頭 意外にもディープインパクト産駒の牡馬では2019年7月末現在でgⅠを3勝以上した馬はいません。現時点で、その記録を更新出来そうなのは現役馬アルアインとフィエールマンのたった2頭です。 ディープインパクト種付け中止 来春産駒20頭ほど [2019年04月02日 14時46分] Tweet; ... ディープインパクトは現役時代に14戦12勝。 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ディープインパクトの種牡馬情報:産駒一覧(2019)に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 2019年東サラのディープインパクト産駒のラインナップはこんな感じ。 シーサイドホーム18 (母父Storm Cat)8000万; プラヤデシエルタ18 (母父Orpen)7000万; プレミアステップス18 (母父Footstepsinthesand)6000万; リュズキナ18 (母父Storm Cat)7000万; レッドファンタジア18 (母父Unbridled’s Song)8000万 2019年7月に頸椎骨折のために死去したディープインパクト。. 「ディープインパクト産駒の狙い方」「推奨馬」も惜しみなく披露しています。今年挙げた10頭のなかにも当たりが潜んでいることでしょう。2019-2020年pogシーズンのディープインパクト産駒2歳馬を攻略する上で欠かせない“使える資料”です。全14頁。 ディープインパクト産駒は、 早熟 の傾向にあるのがわかります。 特に 2歳 での成績は素晴らしいです。. ディープインパクト産駒(血統)の脚質別成績・回収率(2015-2019) 過去競走の中で、最も頻度の高い脚質別に成績・回収率を計算しています。 差し・追込は4着内のみを対象にしており、中団や後方が最頻脚質の競走馬は除外されます。 意外にもディープインパクト産駒の牡馬では2019年7月末現在でgⅠを3勝以上した馬はいません。現時点で、その記録を更新出来そうなのは現役馬アルアインとフィエールマンのたった2頭です。 名馬ディープインパクト急逝。2019年に突如として舞い込んだ訃報は、日本競馬界だけに留まらない一大ニュースとなった。果たしてディープインパクト「最後の大物」は、今年の2歳馬にいるのだろう … このうち1回は失格なので、それを除くと彼の前を走った馬はただ1頭(ハーツクライ 2005年有馬記念)のみという、驚異的な強さを誇っています。 ディープインパクト産駒(血統)の脚質別成績・回収率(2015-2019) 過去競走の中で、最も頻度の高い脚質別に成績・回収率を計算しています。 差し・追込は4着内のみを対象にしており、中団や後方が最頻脚質の競走馬は除外されます。 繁殖牝馬の過去3年分の配合相手を記載しています。主にg1馬、g1を勝った産駒を出した牝馬、海外g1を勝った輸入牝馬を簡単な経歴とともに紹介しています。注目はノーザンファームの輸入牝馬の陣容。 ☆2016・2018年は ディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系) 、2017年は母父が ディープインパクト(サンデーサイレンス系) という馬が勝っており、 ディープインパクト(サンデーサイレンス系) の血統を持つ馬が3連勝中です。 ディープインパクト系種牡馬産駒の海外出走情報 ※豪・仏・英・愛のみ。 ~マーティンボロ産駒~ 11.29 未勝利(仏・アンジェ・芝2000) Flawless Lady ⇒ 4着/15頭 ~ダノンバラード産駒~ ~キズナ産駒~ ~リアルインパクト産駒~ 1.1 ディープインパクトの基本情報; 1.2 ディープインパクト産駒の特徴1 芝・ダートの適性; 1.3 ディープインパクト産駒の特徴2 芝適性; 1.4 ディープインパクト産駒の特徴3 ダート適性 ディープインパクトは現役時代にクラシック三冠を獲得したのみならず、古馬になってからも天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念と、4歳で現役を引退したにもかかわらず実に7つのg1タイトルを手にしました。 2019年7月にこの世を去ったディープインパクトの最後の世代、ラストクロップについて見ていきます。日本のターフで最後の産駒がいつデビューするのか?その馬はいったいどの馬なのか?ディープインパクトが残した最後の産駒の話です。 2019年7月にこの世を去ったディープインパクトの最後の世代、ラストクロップについて見ていきます。日本のターフで最後の産駒がいつデビューするのか?その馬はいったいどの馬なのか?ディープインパクトが残した最後の産駒の話です。 1 【ディープインパクト産駒の特徴】2019年最新|予想に役立つ5つの傾向を特集!. 2019年7月30日に17歳で亡くなった名馬ディープインパクト。 輝かしい成績を残し2006年に引退してから種牡馬になりましたが、何頭子供を産んだのか?その中で最強馬はいるの?子供の値段など気になりますよね!今回はディープインパクトの子供の数が何頭なのか? ディープインパクト 成績. ディープインパクト産駒のg1レース成績です。国内・海外g1レースでディープインパクト産駒が獲得したg1タイトルを一覧にまとめています。東京競馬場の芝g1全7レース完全制覇、芝のマイルg1完全制覇、桜花賞4連覇など、ディープ産駒の特徴も。 近代日本競馬の結晶。 シンボリルドルフ以来となる史上2頭目の、無敗でのクラシック三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)を達成。国内唯一の敗戦はハーツクライの2着となった3歳時の有馬記念。国内でのレースはすべて単勝オッズ1.3倍以下と圧倒的な支持を受けた。 国内に敵なしと挑んだ凱旋門賞は、本来の走りをみせることができずレイルリンク、プライドの両牝馬に差され3着入線。レース後には禁止薬物の投与が発覚し、失格処分となる。 ダービーは、コントレイルの無敗での2冠達成で幕を閉じました。いよいよ、pogも新シーズンがスタートします。昨シーズンは、ディープ急逝のショックが尾を引き、更新が大幅に滞ってしまい、申し訳ありませんでした。ディープ産駒も、残り3世代(実質的には2世代)となりま ディープインパクトの種付頭数. ディープインパクト種付けは、ディープインパクトが亡くなる.2019年度まで行われています。 ディープインパクトの 種付け料は、2019年度がこれまでの最高額で4,000万円です! これディープインパクト種付け料総額ではありませんよ・・・。 (以下、栗山ブログからコピペ)『覚えておきたい日本の牝系100』(競馬道OnLine新書)、『一から始める! サラブレッド血統入門』(サラブレBOOK)の著者である平出貴昭さんの新著『ディープインパクト産駒完全データ 2019年2歳馬』を本日から発売いたします。2017年に誕生したディープインパクト産駒(現2歳)のパーフェクト資料です。「血統屋」サイトから電子書籍でお求めいただけます。http://miesque.com/c00056.html「全頭血統解説&評価&厩舎・馬主データ&推奨馬」という副題がついているように、全頭の血統解説、クロス、馬主、セリで売られたものならセリ価格、厩舎などのデータを網羅(現時点で判明しているもの)。性別、母名はもちろん、母の父、祖母の父、3代母の父を同時に記載し、系統別に色分けしたことにより、代々どんな種牡馬が交配されているか一目瞭然です。また、平出貴昭さんがジャッジする「良血度」「配合評価」を全頭掲載。「ディープインパクト産駒の狙い方」「推奨馬」も惜しみなく披露しています。今年挙げた10頭のなかにも当たりが潜んでいることでしょう。2019-2020年POGシーズンのディープインパクト産駒2歳馬を攻略する上で欠かせない“使える資料”です。全14頁。※「Yahoo!メール」などのフリーメールをご使用の場合、購入確認メールが自動的に迷惑メールフォルダに仕分けされてしまう場合がございますのでご注意ください。IDとパスワードの入力は、コピー&ペーストではうまく行かない場合がございますので、手入力をお勧めいたします。…………………………………………………………………………△▼△ 平出貴昭の『競馬血統年鑑2018』 △▼△http://miesque.com/c00053.html中央、地方、海外、それぞれの重賞結果を血統面から完全フォロー。各国別リーディングサイアー表、父系図も完備したデジタル時代の究極の一冊。…………………………………………………………………………◆◇◆『世界のダービー馬父系図』 平出貴昭◆◇◆http://miesque.com/c00054.html239年にわたる世界のダービー馬の歴史を全45ページの父系図にまとめました。本書に収録したのは英ダービー(1780~)に加え、仏ダービー(1836年~)、愛ダービー(1866年~)、独ダービー(1869年~)、ケンタッキーダービー(1875年~)、日本ダービー(1932年~)の6ヵ国。その勝ち馬のべ958頭を父系図で完全掲載し、さらに各国の歴代勝ち馬一覧表、生産国別勝ち馬数、牝馬の勝ち馬、父仔制覇、本邦輸入種牡馬を掲載するなど、充実の各種データも備えました。…………………………………………………………………………◆◇◆『日本のG1馬父系図』 平出貴昭◆◇◆http://miesque.com/c00055.html1932年の日本ダービーから2019年3月24日の高松宮記念まで約86年にわたる日本のG1級レースの歴史を、全64ページの父系図にまとめたものです。対象レースは、1984年以降にG1格付けされたJRA24レースにビクトリアCを加えた25レースと、地方で行われたダートグレード競走のG1/Jpn1・11レースの計36レース。延べ1257頭の膨大な父系図になりました。 巻末には過去レースの勝ち馬一覧を、概要とデータ(JRAのみ)付きでまとめました。日本の競馬史、血統史を学ぶのに最適なデータです。, 本日発売『サラブレ』11月号「コントレイル、デアリングタクトW無敗の三冠なるか?」, 『世界のG1馬父系図1776-2019』『重賞・いらすと日記 2019年7月~12月編』, 「血統屋」の看板コンテンツ。クラブ法人の新規募集馬について栗山求と望田潤が評価します。募集価格も考慮した上で、これなら出資に値するという好配合馬を各クラブからピックアップして解説, 「血統屋」のPOG電子書籍シリーズ。ディープインパクト以外の種牡馬から50頭の好配合馬を紹介。全て5代血統表と配合解説付, 今年で10年目となる「血統屋」定番のPOG電子書籍。望田と栗山が◎=10頭、○=10頭、★=3頭を選び出し、配合評価のコメントをつけております。印の付かなかった馬を含めて全頭の5代血統表を収録, トップサイアーたちが伝える馬体の形や、産駒の血統表の中で重要視すべきポイントをその道のプロたちが詳しく解説, 「3/4同血」「1/4異系」「緊張と緩和」「ニアリークロス」などの概念について簡単に説明しています, 新馬・未勝利を勝ち上がった馬のなかから注目の配合を数頭ピックアップ。配合解説を加えて評価(A~Cの3ランク、馬場・距離適性、ベストコース)します。ブログ形式で毎週更新。1,400円で18年5月末まで見放題。, 現役生産者が語る血統・配合の奥義、スピード遺伝子検査の利活用、ハーツクライ産駒のトレンド配合、ジャージーアクトから学ぶ異系導入の重要性など、 血統マニアたちに向けた濃い内容の一冊, 第2号が厚い支持に応えて登場!上位種牡馬の性格大辞典・ミオスタチン遺伝子の最新研究報告・サンデーサイレンス分類法・3大サンプルでイメージする主要血脈の効果・海外血統談議など血統ファン必読の一冊, netkeibaが厳選した人気予想家陣が、回収率をとことん追求して勝負予想を公開!, サンデーサイレンスの血統表でみる「3/4同血」「1/4異系」「配合的な緊張と緩和」, アーモンドアイの血統表でみる「全きょうだいクロス」「3/4同血クロス」「1/4異系」「配合的な緊張と緩和」. 宝塚記念 2019 データ 血統 予想 穴馬など⇒ 大一番を予想する際、大事になってくる要素のひとつが「血統」ではないだろうか。有力種牡馬と言われるディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドらの産駒は、過去の宝塚記念でどういった成績を残しているのか? ・ディープインパクト産駒は他の産駒同様「早熟型」である。 ・「早熟型」であるが、他の産駒よりも「2・3歳時」に高パフォーマンスを発揮しやすい。 といった感じですかね。ディープ産駒はとりあえず超優秀ってことですね。 ディープインパクトの種牡馬としての価値. ディープインパクト産駒の特徴をデータ分析してみました。 おまけで、ディープ伝説のレース動画もあります^^ ※追記:2019年7月30日(17歳)の早朝、 競馬のことをなんにも知らない人でもディープインパクトの名前だけは知っている、 伝説の名馬がこの世を去りました。 ディープインパクトは現役時代にクラシック三冠を獲得したのみならず、古馬になってからも天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念と、4歳で現役を引退したにもかかわらず実に7つのg1タイトルを手にしました。 芝:1400~2400m. ・ディープインパクト産駒は他の産駒同様「早熟型」である。 ・「早熟型」であるが、他の産駒よりも「2・3歳時」に高パフォーマンスを発揮しやすい。 といった感じですかね。ディープ産駒はとりあえず超優秀ってことですね。 2019年7月に頸椎骨折のために死去したディープインパクト。. 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ディープインパクトの種牡馬情報:産駒一覧(現役馬)に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 1 【ディープインパクト産駒の特徴】2019年最新|予想に役立つ5つの傾向を特集!. 2019年セレクトセールが終わり、2022年のクラシック有力候補が遂に出揃った。再来年デビュー予定の中から特に注目すべき有力馬や高額取り引きされた産駒などを中心にピックアップ。2021-2022のpogに … Privateでの提供です。 2018年度 4000万円 2017年度 3000万円 . ディープインパクト系種牡馬産駒の海外出走情報 ※豪・仏・英・愛のみ。 ~マーティンボロ産駒~ 11.29 未勝利(仏・アンジェ・芝2000) Flawless Lady ⇒ 4着/15頭 ~ダノンバラード産駒~ ~キズナ産駒~ ~リアルインパクト産駒~ 名馬ディープインパクト急逝。2019年に突如として舞い込んだ訃報は、日本競馬界だけに留まらない一大ニュースとなった。果たしてディープインパクト「最後の大物」は、今年の2歳馬にいるのだろうか?今回はその ディープインパクト産駒の得意距離は? 距離別. ディープインパクト種付けは、ディープインパクトが亡くなる.2019年度まで行われています。 ディープインパクトの 種付け料は、2019年度がこれまでの最高額で4,000万円です! これディープインパクト種付け料総額ではありませんよ・・・。 ディープインパクトの父サンデーサイレンスの産駒は、出走歴のあるjra芝gi20レースのうち、nhkマイルc以外の19レースで勝利を果たしている。 ですが3歳になると複勝率が15%近く落ちているのがわかり、 年齢を重ねるごとに成績が低くなっています 。 これは早熟型の典型ですね。 ですが3歳になると複勝率が15%近く落ちているのがわかり、 年齢を重ねるごとに成績が低くなっています 。 これは早熟型の典型ですね。 2019年7月,突然の死を迎えたディープインパクト!日本近代競馬の結晶とまで言われた伝説的な名馬の悲報に日本中の競馬関係者,ファンが涙する!しかしそれでも競馬は続く!悲しんでいる暇はない!これから熾烈なディープインパクトの後継種牡馬争いが始まる! 2018年現在では後継も増えてきましたが、ディープインパクトを超える種牡馬成績を上回りそうな産駒は出ていません。 ディープインパクトの種付け料. このページでは、ディープインパクト産駒の注目馬をランキング形式で紹介しております。pog2019-2020シーズンにデビューを迎える"全75頭"のディープインパクト産駒の*牝馬*から注目すべき10頭を厳選してみました。 ディープインパクト (英: Deep Impact 、2002年(平成14年)3月25日 - 2019年(令和元年)7月30日)は、日本のサラブレッドである。. 芝1400~2400mまで複勝率30%超 と非常に優秀で条件を問わず走ります。 特に京都競馬場の成績は抜群でどちらかと言えば右回りの競馬場を得意としていますが、スプリント戦や芝2500m以上の長距離戦は苦手としています。 目次. 1.1 ディープインパクトの基本情報; 1.2 ディープインパクト産駒の特徴1 芝・ダートの適性; 1.3 ディープインパクト産駒の特徴2 芝適性; 1.4 ディープインパクト産駒の特徴3 ダート適性 「ディープインパクト産駒の狙い方」「推奨馬」も惜しみなく披露しています。今年挙げた10頭のなかにも当たりが潜んでいることでしょう。2019-2020年pogシーズンのディープインパクト産駒2歳馬を攻略する上で欠かせない“使える資料”です。全14頁。 ディープインパクト 成績. 国内g1レース8度を含む14度のレースで、12度の1位を獲得しています。 . 2019年7月30日に17歳で亡くなった名馬ディープインパクト。 輝かしい成績を残し2006年に引退してから種牡馬になりましたが、何頭子供を産んだのか?その中で最強馬はいるの?子供の値段など気になりますよね!今回はディープインパクトの子供の数が何頭なのか? 宝塚記念 2019 データ 血統 予想 穴馬など⇒ 大一番を予想する際、大事になってくる要素のひとつが「血統」ではないだろうか。有力種牡馬と言われるディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドらの産駒は、過去の宝塚記念でどういった成績を残しているのか?
2020 ディープ インパクト 産駒 2019