胡蝶蘭の種類. 胡蝶蘭: オンシ ジューム ... 種類 全てのギフト商品から ... ガタム【花なし株】 デンドロビューム ファーメリー ‘ハラダ’ Den.farmeri ‘Harada’ 原種 3.5号鉢 40cm 開花サイ … 西村悟郎、1997b、「シラン」:『植物の世界9』〈朝日百科〉、1997年、p.178-180. 洋蘭ギフト・原種から趣味の洋蘭まで販売。胡蝶蘭、シンビジューム、カトレア、デンドロビウム、オンシジューム、フォーミ竜馬など、高知から産地直送でお届けしている、洋蘭専門店 ランの里 五台山洋蘭園です。直売の実店舗もあります。 デンドロビウムのバラエティ豊かな種類について知りたい! 25000種類以上【蘭】の多種多様な美しい世界を見てみませんか? 初心者でもできる胡蝶蘭の育て方; 富貴蘭の種類と育て方は簡単? タマリュウとは?リュウノヒゲとの違いは? 洋蘭ギフト・原種から趣味の洋蘭まで販売。胡蝶蘭、シンビジューム、カトレア、デンドロビウム、オンシジューム、フォーミ竜馬など、高知から産地直送でお届けしている、洋蘭専門店 ランの里 五台山洋蘭園です。直売の実店舗もあります。 こんにちは、コロンです。今回は、私も良く利用する「通販」で原種系胡蝶蘭を購入した際の開封から植え付けまで、一通りの流れをご紹介したいと思います。胡蝶蘭を入手する経路は人それぞれで様々な方法があるかと思いますが、今回は一般的な贈答用胡蝶蘭 … 私たちが目にするあの華やかな胡蝶蘭(ファレノプシス)は品種改良されたもので、その原種は意外にも野性味あふれる姿をしています。 普段はあまり目にしない原種の胡蝶蘭の姿とその生態をご紹介します。 - 大阪市(天王寺)のアクセスアイ株式会社 原種は丈夫で育てやすく、ミツバチの誘引力も葉芸品種よりも強いと言われています。 「白麗」の品種名で、日本金稜辺蘭連合会に登録もされているようです。 また、「白雲」の品種名で、白花金稜辺が紹介・販売されていたりしますが、これは誤りです。 蘭裕園 エビネ エビネの種類 エビネの種類. エビネの仲間は日本や中国をはじめインド、オーストラリアなどを中心に分布し、200種類弱の原種があります。 蘭の花は美しく華麗な品種が多いことから、古くから多くの人たちに愛されてきました。種類も花色も豊富なためか、花言葉もたくさんあります。今回は蘭の花言葉を、種類別、色別の花言葉も含めてまとめてみました。贈り物などの参考になれば幸いです。 楽天市場:渥美洋らんセンタースズキラン園の趣味栽培向け品種 > パフィオペディラム > パフィオペディラム原種一覧。楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト 原種トラシアナム系の香りを受け継いでいるが、トラシアナムほどきつくなく東洋蘭からくる香りがまろやかに表現しています。 暗い場所でも香りが出やすいので、香りを楽しみたい方にお薦めの品種です。 中輪 American Journal of Botany 96(11),pp.1997-2009. 別々の原種を交配させたり、その交配させたもの同士を交配させ、胡蝶蘭は品種改良を行っています。品種改良した花は交配種と呼ばれ、新しい品種となります。 〔原種〕 小形種や珍しい品種など多様な原種をセレクト: ファレノプシス 〔交配種〕 海外の最新メリクロン苗や当園オリジナル交配: 資材 品質の高い水苔などの植え込み材料や肥料: 本 joga入賞花集や海外の蘭専門書など珍しい本があります: フラスコ苗 胡蝶蘭の種類は花の大きさに分けられ 贈り物をする場合まず種類を決めてから 色を選ぶというのが一般的になります。 大輪 【花の大きさ】11-15cm以上 【購入目的】見た目が豪華で華やかなため、開業・開店祝いなどの利用が多い. 上品で気品があり、さまざまなシーンで贈り物として利用される胡蝶蘭。そのなかでも胡蝶蘭の原種であるアマビリスは、他の胡蝶蘭に比べると特に優雅で存在感が溢れています。そこで今回はアマビリスについて解説します!アマビリスの育て方やコツ、贈る … 胡蝶蘭は、気品のある美しさからお祝い事の贈り物として好まれています。さまざまな品種があり、色や大きさなど、贈る目的や人に合わせて最適なものを選べるのも人気の理由でしょう。こちらの記事では、胡蝶蘭の人気の種類や品種を色別にご紹介します。 蘭の魅力は何と言ってもその多様性。様々な環境に順応し、花粉の媒介者である虫を誘うために進化を遂げてきた結果、多くの種類が生まれました。時には一種類の特定の虫だけを対象に進化した品種もあるほど。 蘭の中ではも、国内ではなかなか見かける機会のない、希少な原種系でもあるんですよ。今回は、そんな君子蘭の花言葉や種類・品種、開花時期や見頃の季節をご紹介します。 楽天市場-「洋蘭 原種」287件 人気の商品を価格比較・ランキング・レビュー・口コミで検討できます。ご購入でポイント取得がお得。セール商品・送料無料商品も多数。「あす楽」なら翌日お届けも可能です。 ラン科(ランか、蘭科、Orchidaceae)は、単子葉植物の科のひとつで、その多くが美しく、独特の形の花を咲かせる。世界に700属以上15000種、日本に75属230種がある。鑑賞価値の高いものが多く、栽培や品種改良が進められている。他方、採取のために絶滅に瀕している種も少なくない。, ラン科の種はラン(蘭)と総称される。英語では「Orchid(オーキッド)」で、ギリシア語の睾丸を意味する「ορχις (orchis)」が語源であるが、これはランの塊茎(バルブ)が睾丸に似ていることに由来する。, 南極をのぞくすべての大陸の熱帯から亜寒帯に自生する。被子植物の中では最も後に地球上に現れた植物である。被子植物の中で、もっとも種数の多い科となっている。, 植物体は偽鱗茎(バルブ)を持つものなど独特の部分が多く、また花は左右対称で、虫媒花の中では特異なほど効率の良い花形を発達させ、特定の昆虫との共進化を見せるものも知られている。また根や種子の発芽では菌との共生が大きな役割を担う。, 短期間に急速に適応放散してきたため種の間の遺伝学的隔たりが小さく、種間雑種や属間雑種ができやすい。また、媒介昆虫との共進化の例が知られており、現在においてもなお急速な進化を続けていると考えられている。, 花の美しさや姿のおもしろさから、多くのものが観賞用とされており、またそのための採集圧から絶滅の危機が問題になっているものも多い。, ラン科の花は、昆虫による受粉のために特別に進化した構造をもつ虫媒花をつけるものが多い。かなり限定された昆虫を対象にした特殊な適応が見られるものも多く、共進化の結果と見られる。, ラン科植物はすべて草本で、若干の登はん性のもの(例、バニラ属)がある以外のものは、それほど大きくはならない。茎が大きな塊となって偽球茎(ぎきゅうけい)を形成するものや、そのうえに少数の葉をつける独特な形のものが色々とある。多くのものが厚く硬い葉をもつ。また、着生植物となるものが非常に多く、地上に生えるものをわざわざ“地生ラン”と呼ぶほどである。, また、根が太く、発泡スチロールのように膨らんだ感じのものが多い。根の細胞には菌類が共生して菌根を形成しており、ラン科独特の構造からラン菌根と呼ばれる。なお、かつては一部の植物のみが菌根を作るとされてきたが、現在では陸上植物のほとんどが菌類と共生していることが知られる。ただし、そのほとんどがグロムス類であるのに対して、ラン科のものは担子菌類と共生している点が独特である[1]。, ラン科植物の種子はほこりのように細かく、未成熟な胚のみで胚乳もなく、ほとんど貯蔵養分を持っていない。自然下では発芽の際に菌類が共生して栄養を供給する。さらに菌類への依存を強め、自分自身は光合成をせず菌類にたよって生きる、腐生植物になっているものがいくつもの群に見られる。ラン科植物の種子は、その内部に未分化な細胞塊があるだけで子葉を退化させている。例外的に子葉を持つものとしてシラン属、プレティア属、ナリヤラン属、ソブラリア属などが知られている。これらの属は、外形的にササやヨシに似た姿で、多くが日当たりのよい場所の地面に生える点でも共通しており、これはラン科の起源を考える上で興味深い点との指摘がある[2]。, 上記のように、ラン科植物は発芽初期には、共生能力を有する特定種の菌類から養分を提供されなければ通常は発育できない。そのためランは共生菌が存在しにくい栽培下では、親株なら栽培できても種子から育成することは(一部の例外的な種類を除いて)難しい。これを克服する方法として、糖含有培地に播種して初期生育に必要な養分を幼植物に供給し、共生菌を利用することなく種子の発芽・生長を可能にする無菌播種という技法が考案されている。ほとんどの着生ランの種子は、その種にとって好適な養分を含んだ培地に播種して適温に保てば容易に発芽・生育する。一方で多くの地生ラン(温帯以北に分布する種類ではほとんど全種類)では種子に休眠性があったり、菌依存性が強く発芽・生育に特殊な発芽条件、あるいは複雑な栄養要求性をもつ場合があり、着生ランと同じ播種方法・培地組成では育成できない場合が多い。腐生植物である腐生ランにいたっては栽培、移植技術がそもそも研究されていない種類も多数ある。, 近年は、シュート先端にある生長点を切り出して培養するメリクロンなど、組織培養で増殖する技術も進歩してきている。これは、種子で殖やす場合と異なり、優良な個体を大量に増殖することができるため、いわゆる「洋ラン」の営利栽培では欠かすことのできない技術となっている。しかし、この技法も温帯以北産の地生蘭の場合には技術的に確立されていない種類が大部分を占め、それらのランでは主要な生産技術になりえていない。, 森林性や湿地性のものが多いが、草原に生息するもの、乾燥地に生息するもの、極地や高山にも分布するものがある。しかし分布の中心はやはり熱帯の湿潤な地域で、熱帯雨林では一本の木に何十種類ものランが着生する例がある。蘭の多くは特に夏場の強い直射日光に弱く、とりわけ胡蝶蘭などの園芸においては直接の日光は避けることが求められる。, 欧米では18世紀以降、熱帯性のランが多数持ち込まれ、鑑賞用として栽培されてきた。着生種はヘゴ板(木生シダ類の幹を切り出したもの)やミズゴケ類を使うなどの工夫がされた。さらに、より美しいものを求めて交配が行われた。ラン科では種間だけでなく属間でも雑種ができる例があり、多くの交配種が作られた。日本ではそれらを“洋ラン”と呼んでいる。現在では、それらは東南アジアなどでも栽培され、重要な産業となっている。これらは、栽培目的の他に、切り花としても売買される。, また、中国や日本では、古くから何種かのランを珍重する伝統があり、それらは“東洋ラン”と呼ばれる。東洋ランの世界では、交配はほとんど行われず、栽培中に出現する、あるいは野外で発見される個体変異の中から特殊なものを選び出して命名し栽培することを基本にしていた。近年では東洋ランも交配育種の対象となっているが、野生採集個体を珍重する傾向が強く残っている。そのため人工交配個体や種間交雑種が「天然採取」として販売される事例がしばしばあり、時には第三者がそれに気づかぬまま増殖転売してしまうなどして品種混乱の原因となっている。, また、戦後には山野草の栽培がブームになり、野生ランもその対象になった。しかし、そのために野生ランの乱獲が進み、絶滅に瀕することになった種が多数ある。他方、洋ランの世界では現有品種の供給は十分に行われている。しかしながら、新たな品種を求める動きや野生のものを珍重する動きなどがあり、ラン科植物の乱獲は世界的に問題となっている。現在では野生ランの国際間移動は「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」(略称CITES、通称ワシントン条約)で規制されている。熱帯雨林の開発の進行で生息環境を失って絶滅したものも少なくないと思われる。, 以下は、Robert Louis Dresslerによる1993年の分類である。古くはヤクシマラン亜科をヤクシマラン科とすることもあった。詳細はラン科の属一覧を参照されたい。, ラン科以外の植物にも、その花や姿の美しさ等から名称に「らん」と付くものがある。下記にその例を記載する。, ラン科の種のうち、下記の種はワシントン条約の附属書I類に、その他の全種は附属書II類に指定されている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ラン科&oldid=79855250, 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本I 単子葉植物』,(1982),平凡社. 日本の野山には約20種類の原種のエビネが自生していますが、その中で一般に流通している春咲きエビネの交配種の基本となる5つの原種について解説します。 ランの一覧です。豪華な花姿から、贈り物としてもよく使用されます。種類が多く、様々な花の色や形を楽しむことができ、愛好家の多い植物です。, 君子蘭(クンシラン)は名前に蘭(ラン)がつきますがラン科ではなくヒガンバナ科の植物です。君子蘭(クンシラン)と呼ばれているウケザキクンシランは、花茎40~50センチで15~20ほどの花をつけます。雄大な草姿で気品があり、花色はオレンジをしたものが主流です。葉は8~10枚ほど根生し、濃緑色のもののほかに斑入り種などがあり、肉厚で光沢があります。また、ふくよかなダルマと呼ばれる品種もあり、いずれも葉は豊かな肉厚の葉をしています。開花時期以外も一年中楽しめます。自生地では湿った半日陰の場所に自生しているので、強い日光にあたると葉やけします。強い直射日光があたらない場所で、過湿や霜にあたらないように栽培します。, デンドロビウムは熱帯アジア中心を原産地とするラン科の多年草です。品種がとても多く、アジア一帯の亜熱帯から温帯にかけて1600種類ほどが自生しており、日本にもセッコクが自生しています。特にノビル系統の園芸品種が日本でたくさん出回っているのでデンドロビウムというとこの品種を指すことが多いです。樹木の幹の表面に根を広げて植物体を支えたり、水を吸っている着生ランなので過湿は嫌いますが、空中湿度は高い方が良いです。また、ランの中ではヒマラヤ山麓にも自生するほど寒さには比較的強いです。株そのものが凍ってしまわない限り枯れる事がない丈夫なランです。開花は葉が落ちてから開花する品種と葉がついたまま開花する品種があります。, シラン(紫蘭)は古くから親しまれている地生蘭で、鉢植えや路地などに植えられることもあります。寒さ暑さに強く、気温が低くなると葉を落としますが春になると新しく出た地下にある偽球茎(球根のようなもの)から再び葉を茂らせます。品種もいくつかあり、丈夫なランなので初心者の方にもおすすめです。, 胡蝶蘭(コチョウラン)は、名前の通りランの仲間で、花の色は白、ピンク、黄色などがあります。, 熱帯地域が原産のため、寒さに弱い植物になります。そのため育てる際には注意が必要です。鉢植えと切り花の両方の楽しみ方がありますが、本来は着生植物です。根が出ているのは、湿度の高い地域で生育し、空気中から水分を吸収しようとしているためです。本来は2月~3月頃に開花しますが、現代では温室の利用により、年中花を咲かせることができます。「幸福が飛んでくる」を意味する花言葉を持つため、お祝い事や引っ越しなどに贈り物としてよく用いられます。, カトレアは荘厳で美しく、鉢植えにしても切り花にしても華やかな事からも、洋ランの女王とも呼ばれています。カトレアは多くの近縁属がありますが主にはカトレア属、レリア属、ブラサボラ属、ソフティリニス属の4種の属が主要になり、その原種はメキシコからブラジルの南部まで広い範囲に分布しています。カトレアは原種だけで50種類を超し、交配種も合わせるとその倍の種類が存在します。森に自生し木に根を下ろし着生して育つ着生植物で、花びらは四方に開き、その中心で筒状の花を咲かせ、花弁の周りは波打つ様なヒダがあります。根や茎、葉は大きく生長すると1mを超す品種もあります。カトレア類は分布が広い事でもわかる様に、その生育環境を説明するには複雑ですが、どの品種も比較的温暖な気候を好み、長い陽射しがやや強めにあたる環境を好む植物です。家庭での栽培の場合は最低気温10℃くらいを保ち、日光のあたる場所で栽培すると元気よく生長します。, フウラン(風蘭)は常緑広葉樹林に生えている大木の高い枝や梢に太い根を這わせて自生しています。5㎝~10㎝程の細くて硬い葉を出し、3㎝~10㎝の長さの茎を葉の脇から伸ばして、6月~7月に1㎝~1.5㎝程の香りのある花を咲かせます。花の色は白、ピンク、淡いピンク、グリーン、淡グリーン等、多くの種類があり園芸種として人気があり楽しまれています。野生種としての分布は関東以西で四国や九州の温暖な気温の地域に自生しています。, 球根性のランの仲間で日本固有種です。花の形が空を飛んでいるサギに見える事からこの名前が付けられました。日本各地の日当たりのよい低湿地に分布しており、親株からランナーを伸ばし、その先に来年用の球根を作る性質を持っています。純白の花は先端が3つに分かれ、そのふちは多数切れこみがはいり、サギの翼のようです。夏には3cm程の美しい花を咲かせま。冬には球根のみとなって冬眠し春までじっと耐えしのぎます。サギソウの仲間は暖かい地域を好み、華やかな種類の多くは熱帯性です。そのため、冬越し温度に注意しなければならないことなどから栽培が難しい種類としても有名です。, マコデス・ペトラなど葉を楽しむ蘭の仲間をジュエルオーキッドと呼びます。独特な模様になっている輝く葉脈を持ち、葉にはつやがありとても魅力的です。ショップで間近に眺めて見ると花がメインでないにもかかわらず、「宝石(ジュエル)」と名づけられた理由がよく分かります。 アクアテラリウムで用いられることが多いため、園芸店より熱帯魚ショップでよく見かけます。小さなポットで安価に売られている一方、環境の変化にやや弱い気難しい植物です。成長が遅く、子株をつけるのにも時間がかかりますが、一度は身近に置いてみたい生きている宝石です。, エビネは1株に1~3本の花茎を伸ばし、小さめのラン型の花を花穂状に20輪前後咲かせます。草丈は30~50cmとラン科の植物のなかでは中型の大きさになります。花の色は、白色や黄色、紫色、ピンク色をはじめ非常に多彩であります。またエビネは交雑しやすく、園芸用に品種改良されたものもあれば、同じ場所に生えている他のエビネ種と自然交雑してしまう場合もあります。そのためエビネの品種は200種以上あり、多様性に富んだ花であると言えます。加えてエビネは、偽鱗茎(バルブ)と呼ばれる球茎を地表近くに沿って横に連なって増やしていきます。, 贈答品として知られる胡蝶蘭の他、デンファレ、シンビジウム、デンドロビウムなど様々な品種の揃う洋らん。原種だけでも世界中に2万種以上も存在し、イギリス王立園芸協会(RHS)に登録されている改良品種に至っては10万種に達します。世界中の植物の約1割がらんの仲間なのです。現在でも野生の新しいらんが見つかることがあり、2016年6月にはフィリピンのミンダナオ島で新種が確認されました。 花の形や色は多岐に及び、冬咲き、春咲き、初夏咲きなど開花期も様々。「らん展」は2月を中心に様々な時期に開催されるので、それぞれの時期に合わせた品種を手に入れることができます。. . まわりまわって今、花業界では原種ブームがキテいます!原種とは、もともと自然界で自生していた種のことです。樹木に着生した『着生蘭』や、地面で生きる『地生蘭』 … お祝いごとやお悔やみの際に贈られる胡蝶蘭。一般的には「白で3本の胡蝶蘭」をイメージする方が多いと思いますが、実はたくさんの種類があるのを知っていますか?この記事では、あなたの目的にあった胡蝶蘭を選べるように、大きさ・色・シーン・価格帯などの種類をまとめてご紹介します。 ミディ胡蝶蘭とは 贈り物として良く見られる高価な印象のある胡蝶蘭、その胡蝶蘭を品種改良して小型にしたものがミディ胡蝶蘭です。そもそも胡蝶蘭自体東南アジアが原種の着生ランを品種改良して生まれたものです。ミディ胡蝶蘭のほうが原種に近く丈夫とも言われています。 輪の大きさと胡蝶蘭全体の高さ・幅はは比例します。立数にもよりますが一つの胡蝶蘭には約20〜50輪の花がついていて、同じ輪の大きさでもその数によって値段が異なります。 輪の大きさは主に3つで ・大輪 ・中輪(ミディ) ・小輪(ミニ) にわけられます。 胡蝶蘭は大きければいいというものではありません。サイズによってのメリット、 … エビネの原種 (日本産) エビネ属 (Calanthe) 原種. 胡蝶蘭だけじゃない!蘭の種類を代表8種の違いから理解しよう | アロンアロンコラム | NPO法人「AlonAlon」では、障がいをもった方々の自立支援として、障がい者の栽培した胡蝶蘭などの花を、ビジネスのお祝いやフラワーギフトとして販売しております。 1. コウモリラン種類~森の王冠、ジャングルの女王など原種全18種~ コウモリランは「蘭」の仲間ではなく「シダ」の仲間で、ウラボシ科・ビカクシダ属の植物で、他の木や岩石などにくっついて生活する“着生植物”です。 蘭の花はとても華やかで綺麗ですが、東洋蘭と言われる蘭の種類が有ります。東洋蘭は、昔から日本に生息している野生の蘭です。東洋蘭は、小さな可憐な花が多く野生蘭を好きな愛好家も日本全国にいます。野生に生息している蘭の花なので、盗掘され今 … 胡蝶蘭の原種は約50種類以上もあり、中にはとても強い香りを放つものもあります。現在市場に出回っている香りのある胡蝶蘭は、この原種胡蝶蘭の芳香性のあるタイプか、その原種を親とした交配種になります。 支柱は蘭用の細いタイプがよいです。 古い茎 一度花を咲かせた所から再び花を咲かせる事はありませんが、花後の古い茎も春の新芽が出る時期の養分や水分になりますので、全て切り取らないよう元気な茎を3本ぐらいは残しておきます。 生産者や品種改良をした方の努力のたまものですね。 これから胡蝶蘭の原種が50種類以上あるということで、これらを交配してますますたくさんの種類の花が増えてくるかもしれませんね。 ラン科(ランか、蘭科、Orchidaceae)は、単子葉植物の科のひとつで、その多くが美しく、独特の形の花を咲かせる。 世界に700属以上15000種、日本に75属230種がある。 鑑賞価値の高いものが多く、栽培や品種改良が進められている。他方、採取のために絶滅に瀕している種も少なくない。 胡蝶蘭の名前の由来。ファレノプシスってなに?のまとめ. 本来、胡蝶蘭は熱帯から亜熱帯の高温多湿に自生する植物です。 亜熱帯気候は1年の平均気温は25度前後、湿度も年間を通して高くなっているのが特徴ですね プロトリーフチャンネ 胡蝶蘭の原種は約50種類あります。 蘭は、日本やアメリカ、オーストラリア、アフリカ地域など世界各国に自生しています。種類の数が多過ぎることや、種類間での違いが少ないことから、「東洋蘭(東洋ラン)」と「洋蘭(洋ラン)」という生息地によって分けられることがよくあります。 東 … ランの一覧です。豪華な花姿から、贈り物としてもよく使用されます。種類が多く、様々な花の色や形を楽しむことができ、愛好家の多い植物です。 ランの代表植物:胡蝶蘭、デンドロビウム、シンビジウムなど Tomohisa Yukawa, Yuki Ogura-Tsujita, Rchard P. Shefferson, & Jun Yokoyama, 2009, Mycorrhyzal diversity in Apostasia(Orchidaceae) indicates the Origin and evolution of chid Mycorrhiza.
2020 蘭 種類 原種