2006年 []. All Rights Reserved. 馬場雄大帰国インタビュー#1「アメリカのバスケは日本やfibaとは違いました」 では、日本シリーズを前に、私の予想は、 もちろんファイターズが日本一ですよ!! 忘れもしない新庄さんのラストイヤー2006年、 6年前の日本一は、 プレイオフではホークスに負けなしで連勝して、 その勢いで日本シリーズへ突入しましたね。 中日は、ソフトバンクの投手陣相手に散発4安打で、0点に抑えられて、日本シリーズの敗退が決まった。 この瞬間、落合監督の8年間の監督人生に幕を下ろした。 この7戦を見ていると、戦前の下馬評通りソフトバンクの方が、戦力が上でしたね。 野球世界大会では常に下馬評を覆す不思議なチーム!これがメキシコ代表だ! 越智龍二, 1970年、愛媛県生まれ。なぜか編集プロダクションへ就職したことで文字を書き始める。情報誌を中心にあらゆるジャンルの文字を書いて25年を超えたが、好きなジャンルは、巨人、ヴェルディ、パチスロ、漫画、映画。会ったら緊張で喋れない自分が目に浮かぶが、原監督にインタビューするのが夢。. 1998年の日本シリーズ(1998ねんのにっぽんシリーズ、1998ねんのにほんシリーズ)は、1998年10月18日から10月26日まで行われたセ・リーグ優勝チームの横浜ベイスターズと、パ・リーグ優勝チームの西武ライオンズによるプロ野球日本選手権シリーズ試合である。, パ・リーグは東尾修監督率いる西武ライオンズ、セ・リーグは権藤博監督率いる横浜ベイスターズの対戦で、下馬評は西武有利と予想されたが[1]、横浜が4勝2敗で勝利し、大洋ホエールズ時代の1960年以来38年ぶりの2度目の日本一となった。「マシンガン打線」と呼ばれる攻撃陣と、「中継ぎローテーション」と呼ばれた中継ぎ陣、そして「ハマの大魔神」こと佐々木主浩が最後に控える投手陣、機動力で西武をリードした横浜が圧倒。西武は横浜の勢いを止めることができなかった[2]。本シリーズでは、いずれの試合も先制点をあげたチームの勝利となり、試合途中の逆転もなく、淡白な試合が多かったとも言える[3]。, 両チームが予告先発を行った[2]、また、投手出身の監督同士のシリーズとしても位置づけられる[4]。, また優勝した権藤監督は現役時代、中日の生え抜き選手であったため、今シリーズの制覇により史上初の中日生え抜きの日本一監督誕生となった。(中日の生え抜きが監督として中日を日本一に導いた人はいない), 10月18日(日) 横浜スタジアム(試合開始 18:40~) 入場者29,025人, 横浜の一番打者石井琢朗の試合開始直後のセーフティバントと2盗塁が特にあげられる。石井は、第1打席で出塁して次打者の波留敏夫の3球目に二盗を成功させ、鈴木尚典の安打で先制の生還をした[5][3]。さらに横浜は3回、石井琢が四球で出塁、二盗すると、波留、鈴木尚、ロバート・ローズの3連打などで3点を追加した。4回には無死一・三塁から波留が適時打、さらに西武に失策、暴投といったミスが重なってさらに3点を追加し、結局、横浜が1勝した。, なお、横浜の佐々木は、この試合、8回二死から登板し、1回1/3を無失点に抑えたが、シリーズ直前に高熱を出し、シリーズ期間中本調子に戻らなかったという[7]。, 10月19日(月) 横浜スタジアム(試合開始 18:40~) 入場者29,076人, 横浜が斎藤隆、西武が豊田清、ともに後年リリーフとして実績を残すこととなる両投手の先発。横浜は初回、安打で出塁の石井琢が二盗し、鈴木尚の適時打で先制という第1戦と同じパターン。5回には石井琢のソロ本塁打、ローズの適時二塁打で3対0とし、7回には再び鈴木尚の適時打で4対0とした。斎藤隆は初回に無死一・三塁のピンチを迎えたが、松井稼頭央を遊飛、鈴木健を三塁併殺打に仕留め、結局3安打完封勝利を飾った。日本シリーズ初登板完封勝利は1990年第3戦の渡辺智男以来8年ぶり、史上9人目[8]。, 再び雨で1日順延(屋根がつき全天候になったのは翌年の1999年から)。舞台を西武ドームに移した第3戦、西武がベテラン潮崎哲也、横浜が三浦大輔の先発。西武は、第1戦、第2戦で横浜の機動力に翻弄された伊東勤に代えて強肩の中嶋聡を捕手に起用した。横浜は先頭の石井琢が四球で3試合連続の第1打席出塁だったが、潮崎が波留を併殺打に仕留め、無失点で切り抜けた。シリーズ前に二段モーションを指摘されていた三浦は神経質になり、3回までに6四球を出す大乱調。三浦は3回1/3を4失点でKOとなった。さらに福盛和男、戸叶尚も合わせて5四球と乱れ、西武打線は5回までに7点を奪い、試合を決めた。横浜の1試合11与四球はシリーズワースト記録。潮崎は初回以外は石井琢を1度も出塁させず、6回まで1失点の好投。7回一死から谷繁元信に本塁打を浴び、続く進藤達哉に安打を許したが、小刻みな継投で西武が逃げ切った。なお、横浜は大洋時代の前回、日本シリーズに出場時には4戦全勝だったので、この試合が日本シリーズで球団史上初の敗戦となった。, 西武が石井貴、横浜が野村の先発。西武は2回、中嶋の2点本塁打で先制。しかし横浜も4回に鈴木尚の2点本塁打で同点に追いついた。6回、ヒットで出塁した高木大を一塁におき、4番マルティネスの2点本塁打で勝ち越し、野村をこの回でKOした。石井は9回途中まで2失点の好投。橋本、西崎幸広とつなぎ、第3戦に続いて西武が逃げ切り、対戦成績を2勝2敗の五分とした。, 先発は西武がシリーズ初登板の横田久則(本来は西口が登板予定だったが、西口が第三戦予定の日に風邪による発熱を発症し点滴療養する事になり、風邪加え腰痛も発症し急遽先発を回避し横田が急遽先発となった)、横浜が第2戦で完封勝利の斎藤隆。横浜は初回から4イニング連続得点で7点を奪い、横田を序盤でKO。8回にも3点を追加して10対2とほぼ勝負を決めた。西武も8回に変わった五十嵐英樹から3点を返したが、横浜はさらに9回、代打の荒井幸雄のヒットを皮切りに集中打で7点を追加し、17対5で圧勝した。17点のうち、本塁打による得点は9回ローズの2ランによる2点だけで、あとはすべて連打で奪った得点だった。, 横浜の1試合20安打、12長打、9二塁打はシリーズ新記録に[3]、2三塁打、17打点はタイ記録になった。, 個人記録では佐伯の4長打がシリーズ新記録[3]、鈴木尚の4得点がシリーズタイ記録だった。, 一方8、9回に集中打を浴びた西武の新谷博は、失点を重ねながら続投となり、1試合10失点[3]、10自責点、9回の1イニング7失点、7自責点、6被安打というシリーズワースト記録(但しイニング被安打はタイ記録)を作る破目になってしまった。また、試合時間4時間15分は9イニングの試合としてシリーズ史上最長だった。なお、横浜はシリーズ史上6度目の毎回残塁も記録している[要出典]。, 10月26日(月) 横浜スタジアム(試合開始 18:40~) 入場者29,289人, 王手をかけた横浜の先発はこの年シーズン開幕投手だったが後半戦1勝もできなかった川村、崖っぷちの西武先発は病み上がりのエース西口。 2019年5月20日、上原浩治選手が引退会見を行った。数々の賞に輝いてきた選手であるが、私が思い起こしたのは、「1999年のセリーグmvpを上原選手が獲れなかったこと」である。その理由と教訓を振り … 【和と動Ⅱ日本シリーズ<1>: 】覚悟はできていますよ、今年も…。(11月21日),~ 扉を開けて下さい ~時事問題あれこれ、スポーツあれこれ、読売ジャイアンツ(読売巨人軍)あれこれ…。日々興味を持った話題を今日も"ズバッ"と"ピリッ"と喜怒哀楽で斬り込みます。 日本シリーズは今回で70回。 ソフトバンクが勝つことで、両リーグの対戦成績は35勝ずつのタイになる。 巨人V9達成時には10もあったセリーグの貯金は全て消滅する。 開幕シリーズで40年ぶりに巨人連破! [ 2008年3月20日 06:00 ] 野球 【3月23日】2006年(平18) WBC世界一戦士 帰国直後志願のフル出場で大活躍 1960年の日本シリーズ(1960ねんのにっぽんシリーズ、1960ねんのにほんシリーズ)は、1960年 10月11日から10月15日まで行われたセ・リーグ初優勝を決めた大洋ホエールズとパ・リーグで前身の毎日以来10年ぶりに優勝を果たした大毎オリオンズによる第11回プロ野球 日本選手権シリーズである。 © Copyright VICTORY SPORTS NEWS. shinjoのメモリアル・イヤー。リーグ優勝、そして中日ドラゴンズとの日本シリーズを制し、日本一となった勢いで大東亜一までも成し遂げる。 しかし、宇宙人ばっか注目される有様。 しかもオフには、単身赴任してたヒゲ面の主砲も脱北。 突然、全国区の看板選手が居なくなった。 両チーム無得点で迎えた8回、横浜は、四球と二塁手高木浩之の野選で迎えた好機に、駒田徳広の適時二塁打で2点を先制した。, 9回表の西武の攻撃に対して、横浜はシーズン定石どおり佐々木をマウンドへ送り、佐々木は、大塚にシリーズ新(当時)の6打席連続安打[9]となる三塁打を打たれ(左翼手鈴木尚が照明の光で打球を見失って後逸したもの[10])、中嶋の三塁ゴロ野選の間に大塚に生還されて1点を失ったが、続く一死一・二塁の場面で代打金村義明を併殺打に打ち取り日本一を決めた[11]。8回途中に2番手で登板した阿波野が近鉄バファローズ時代の1989年第1戦以来の勝利投手で[13]、日本シリーズ史上2人目の両リーグ勝利投手となった。, ※関東地区での視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦(フジテレビ系)は27.9%。第2戦(TBS系)は25.9%。 第3戦(テレビ朝日系)は20.9%。 第4戦(TBS系)は21.4%。 第5戦(テレビ朝日系)は24.7%。 第6戦(フジテレビ系)は29.9%だった。, 【10月18日】1998年(平10) 勝負は2球目で決まった 石井琢朗の三塁バントヒット, 【10月26日】1998年(平10)10年ひと昔…横浜、駒田徳広の一撃で38年ぶりの日本一, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=1998年の日本シリーズ&oldid=80700654. 無敗で日本ダービーを制し、ジャパンカップなどgⅠを3勝している90年代を代表する名馬。 しかしわずか3年の間に3回も骨折しており、1年振りのレースでの奇跡の復活。 2位 有馬記念(2006年) 勝馬・ディープインパクト 1998年の日本シリーズ(1998ねんのにっぽんシリーズ、1998ねんのにほんシリーズ)は、1998年 10月18日から10月26日まで行われたセ・リーグ優勝チームの横浜ベイスターズと、パ・リーグ優勝チームの西武ライオンズによるプロ野球 日本選手権シリーズ試合である。 祝 日本ハム日本一。昨々日の話しの ちょい続き。日本シリーズが始まる前、下馬評では、中日優勢論が多かったですよね。(ドラゴンズ党の私も、そうだ、そうだと期待していたのですが・・・。)各TV、新聞社などで、日本シリーズの行方に関して、いろんな話が出ていました。 いよいよリベンジの時が来た(はず)。11月21日から始まるプロ野球のSMBC日本シリーズ2020、ジャイアンツの相手は、あのソフトバンクホークスである。, ロッテファンには悪いが、今年の日本シリーズでジャイアンツの相手を務めるのはソフトバンクじゃなきゃいけなかった。  思い返したくもない昨年のシリーズ。最多勝に最高勝率、最多奪三振の投手3冠に輝いた山口(俊)を立てた初戦を落とすと、そのままズルズルと3連敗。最後の希望として腰痛から強行復帰したエース、菅野(智之)もその流れを止められず、悪夢を植え付けられた。  それゆえ、2位を引き離してセ界独走状態に入った9月から、もうソフトバンクしか見えていなかった。  でも、ですよ。  ロッテと首位を争っていた10月上旬までとは、まるで別のチームになった宿敵。我らが澤村(拓一)の快投もむなしく、コロナ禍の影響もあってロッテが失速するのとは対照的に、ラストスパートがえげつない。10月だけで、プロ野球記録を更新する22勝を挙げ、わずか4敗1分けの勝率.846は、ありえない強さである。  クライマックスシリーズでは、ロッテと4戦目まで戦ってもらい、少しでも投手を使って欲しいという願いもむなしく、あっさり2戦で終了。どちらも先制を許しながら、あっさり逆転する横綱相撲でポストシーズン12連勝を飾った。  4年連続の日本シリーズ進出を決め、2014年以降の6年間で5度の日本一に輝くソフトバンク。一方、2012年以来の日本一を目指すジャイアンツは、最後の10・11月を13勝18敗4分け。優勝確実となって以降は選手の体調をみながらの戦いだったとはいえ、負け越してシーズンを終えた。  ゆえに、戦前の下馬評は、ソフトバンク有利の声が圧倒的である。  打線も守備も勝っていると思うし、なんといっても菅野が万全で準備する今回。実力で劣っているとはもちろん思わない。が、その声に圧され、悪夢が繰り返されるのは勘弁と弱気になりつつ、過去の日本シリーズをポチポチと調べてみた。  結果、今回のジャイアンツのように、前年にスイープされたチームが、翌年の日本シリーズに進出した例はなかった。(1959年のジャイアンツ、1960年の大毎、1990年のジャイアンツ、2002年の西武、2005年の阪神は、いずれも翌年の日本シリーズ進出ならず)  が、日本シリーズで負けた翌年に日本一になったケースは5回あり、以下の通り。 ********** <1986年> 前年に2勝4敗で阪神に敗れた西武が、4勝3敗1分けで広島を下して日本一 <1993年> 1992年に3勝4敗で西武に屈したヤクルトが、4勝3敗で西武にリベンジ成功 <1996年> 前年のシリーズでヤクルトに1勝4敗で敗れたオリックスが、4勝1敗でジャイアンツを倒して日本一 <2007年> 前年に1勝4敗で日本ハムに負けた中日が、4勝1敗で日本ハムに雪辱を果たす <2009年> 2008年に3勝4敗で西武にやられたジャイアンツが、4勝2敗で日本ハムを下して日本一 **********  ジャイアンツも2009年に前年の雪辱を果たして日本一に輝いているが、注目してほしいのは、1993年のヤクルトと2007年の中日。どちらも同じ相手に、前年の逆スコアでリベンジしている。  今回のジャイアンツVSソフトバンクの日本シリーズは、その1992~93年のヤクルトVS西武、2006~07年の中日VS日本ハム以来となる2年連続の同一カード。1993年から2007年が14年ぶりで、今年同じことが起これば、2007年から13年ぶり。微妙に1年違うが、大体のサイクルは同じ。  前年に0勝4敗で敗れながら翌年のシリーズに進出した初のチーム(つまりチーム力はあるということ)、ジャイアンツが、13~14年サイクルで訪れる「前年と同じ相手に逆スコアでリベンジ」する。  これ、ないですか?  あるとすれば、とにもかくにも初戦。昨年同様、千賀(滉大)を立ててくるであろう相手を、絶対エースの菅野でねじふせれば、このシナリオが現実味を帯びてくる(はず)。 「前年と同じ相手ソフトバンクに、ジャイアンツが逆スコアでリベンジ」する。 これ、大いにあると信じて、全力で見守ります! ※敬称略, 著者プロフィール 4年連続の日本シリーズ進出を決め、2014年以降の6年間で5度の日本一に輝くソフトバンク。一方、2012年以来の日本一を目指すジャイアンツは、最後の10・11月を13勝18敗4分け。 今回のジャイアンツvsソフトバンクの日本シリーズは、その1992~93年のヤクルトvs西武、2006~07年の中日vs日本ハム以来となる2年連続の同一カード。 そこにドラゴンズの日本シリーズでの勝負弱さを垣間見てしまいますね。 でも、2005年はロッテが31年ぶりの日本一、 去年2006年は日本ハムが44年ぶりの日本一と、 ここ2年、日本一から遠ざかっているチームが日本一に輝いていることから、 !(週刊野球太郎) 日本シリーズが終わり、シーズンオフにやってきたもうひとつのお祭り・プレミア12もついに閉幕。日本は準決勝で韓国に破れ、無… 歴史に残る日本開催の2006年世界選手権。スペイン、ギリシャ、アルゼンチン、ドイツの激闘を見よ!<前編> fibaが2021&2022年のスケジュールを発表. 「下馬評通り」の用例・例文集 - 当然のごとく優勝候補の筆頭に上げられた本大会では、予選リーグを危なげなく制し、下馬評通り日本と決勝で対戦した。 大会自体は、下馬評通りに、優勝候補と目されていたブラジル、フランス、オランダ等が順当に勝ち進んだ。 さて、プロ野球日本シリーズ。30年来・巨人ファンの私としては、どっちが勝っても良いので、純粋に野球というスポーツを楽んで見ています。 名古屋 vs 札幌では、あまり盛り上がらないのではないか?との下馬評でしたが、tv視聴率が結構良いようです。
2020 2006 日本シリーズ 下馬評